250gの幸せ ~四日市とんてき~

b0041442_6274644.jpg

四日市で話題の「とんてき」を食す。

「とんてき」は、単なる豚のステーキではなく、 分厚い豚肉をにんにくと一緒に濃い目のたれでソテーし、たっぷりのキャベツの千切りをそえ、 調理法や味付けは、お店によって実に千差万別で、三重県四日市市に根ざしたご当地グルメである。(四日市とんてき協会)

写真だけでも、見た目で食べたいと思わせる迫力がある。
女性好みではないかも知れないけど、男性なら、がっつり食べたいと思うんじゃないだろうか。

出てきた「とんてき」はなんと250gとランチには重過ぎるボリューム。
「うちのとんてきは、他のお店と違って250gだからね。」と店のおばちゃん。
皿にタレがついてようが関係ない。そのダイナミックさもよし。

ひとくち目をがぶりいく。
うまい。うん、うまい。250gのボリューム感は感じず、最後まで一気にいける。
うまいぞ、とんてき。

来年はB級グルメの祭典、B1グランプリに参加するらしい。(現在は、準会員)
各務原キムチや静岡のB級グルメたちとともに、東海の“ご当地グルメ”力(りょく)を全国へ!

三重方面はお越しの際は、四日市で途中下車して是非、四日市とんてきを。 
 ※詳しくは→四日市とんてき協会。
b0041442_6363522.jpg

ちなみに、とんてきだけで、1,100円。ライスと味噌汁込みで、1,570円也。
b0041442_6371590.jpg

この味噌汁もたまらなくうまい。ぶった切りの豆腐。大量に作るからこその深み。
b0041442_640141.jpg

僕が行ったのは、四日市駅東口前の商店街にあるこのお店。
まっ昼間からのんべえが集まっている店だけど、ランチ族もいますのでご安心を。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-06-13 06:41 | 旅日記  

<< モヤさま風に コネタ3本 in 津 MATSUZAKI TOWN②... >>