マレーシアひとり旅⑩  ~アジアのカオス~

表通りばかり歩いていては、団体バスで訪れる観光客と変わらない。
この国は多民族国家で、クアラルンプール市内にも、シンガポールと同じように、それぞれの国の人たちが集まっているエリアがある。ガイドブックには、この国出身者が集まるこのエリアは危険といった注意喚起もあるが、もちろん、安全なエリアもある。
僕が向かったのは、独立広場のそばにあったインド人街。
表通りとは違い、明らかに観光客はいない。だから、逆に僕はじろじろと見られることも多い。
その動かない視線は時に怖いこともあるが、それは無視して、この街もひたすら歩く。
明らかに貧富の差も感じる身なりの人もいれば、昼間からご機嫌にビールをあおる人もいる。
スラムのような荒廃感はないけど、人々のけだるさと活気が交錯する雑然としたこの感じ。
ここでもアジアのカオスのほんの一端を見たような気がする。
b0041442_617421.jpg
b0041442_6172931.jpg

b0041442_6175188.jpg
b0041442_6181130.jpg
b0041442_6183927.jpg

b0041442_6193418.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-07-02 06:18 | 旅日記  

<< 歩いて帰ろう マレーシアひとり旅⑨ ~建物探訪~ >>