moonlight

b0041442_144468.jpg

市役所から駅までは歩いて10分かからない。
帰りに職員の方が車で駅まで送りますよと言ってくれた。
けど、電車の時間までまだ30分あったし、そのまま駅に行っても何もない。
「いや、いいですよ。ぶらぶら歩きながら帰りますから。ありがとうございます。」
せっかく綺麗な海や空があるのに、前回来たときもとんぼ帰りだった。
いつももったいないと思う。

ふと空を見上げると満月が見えた。
ぼんやり月を眺めながら、海辺まで遠回りしながら、駅まで歩いた。
昨日、この海で、観光船の窓を拭いていた18歳の船員が誤って転落し命を失ったという。
無念だろう。まだ、18歳の前途洋洋な人生だったのに・・・。
そんな話を聞いていたからなのか、月の光を力強く感じた。
月も哀悼の思いなのか。
b0041442_1191434.jpg

こんなにも月って海を照らすんだ。
この町で見る月の姿は、いつも自分の町で見る月の姿とは違う。 
                             (2009.11.2 鳥羽にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-11-03 01:13 | 旅日記  

<< 最高級肉まん 続・やらまいかんドリーム >>