「寿にして愉快」

こちらが、荒俣さんのサイン色紙。
僕は、言葉を操る人に畏敬の念を覚えることがよくある。
一昨日もそうだった。
本当に愉快で痛快なおばあちゃんに会ったすぐあとにこの色紙を見て、
この一言で言い表すのは凄いことだと思ったのだった。
      (2009.12.13 名古屋市緑区・有松絞会館にて)
※ちなみに、昨日僕が書いたブログは言葉の覚え違いだった。
写真見たら「寿にて」じゃなく、「寿にして」だった・・・。
いや待てよ。
よく見たら、コメントいただいた荒俣ファンさんが書いている「奇にして愉快」なのか。
まあいいや。ここでは「寿にして愉快」が、フィットするから・・・。
少なくとも、その場では僕はそう読んだんだから・・・。
 
b0041442_192971.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-12-16 01:09 | 旅日記  

<< コイトバしませんか? 寿にて愉快 >>