ハードボイルド映画は夜に

「冷たい雨に撃て、約束の銃撃を」を見てきた。
映画好きのともだちが勧めてくれて行ったんだけど、相変わらず、監督のことも役者のこともNO IMAGEで行った。香港映画だということも始まるまで知らなかった。
b0041442_1628721.jpg

朝9時半からのファーストショー。(1,000円)
劇場には、僕を含めて男のみ、たったの6人。
衝撃的な銃弾の音に、完全に目は覚めた。
5分くらい見ただけで感じたロマンチシズム溢れる映像の作り方に、監督への興味が湧いた。
リアルな銃撃シーンが続くっていう点では、「アウトレイジ」に近いかも知れない。
ただ、こちらは、セリフは少ない。シンプルなシナリオ、セリフと映像で伝えようとしている。
男のロマンチシズムがハードボイルドの世界で語られる。
テンポもよく、役者たちもそれぞれいい味出してた。
香港とマカオのいかがわしさも十分に感じられた。
最後のシナリオに?って思うことはあったけど、面白い映画だった。
b0041442_16424654.jpg

映画が終わったのは、11時半。
劇場の外へ出ると、曇りだった空は晴れてた。
(僕の家はこの写真の正面方向の山とシネコンの真ん中辺りにある)
冷たい雨のシーンに酔っていた僕とのアンバランス。
隣接するショッピングセンターの入り口で、「ポテト増量サービスやってまーす」なんて割引券渡されてもさらに雰囲気があわない。
こんなハードボイルド映画はやっぱ夜に見なければ。
帰りは星空で帰りたい。出来れば今日は雨も降ってて欲しかった。

僕はそんなハードボイルドな気分で、家までの4キロを自転車漕いで汗かきながら帰ったのだった。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-07-04 16:41 | 日記  

<< ついーと 「アウトレイジ」とたけし63歳 >>