大人の地域おこし甲子園 ~B1グランプリ厚木大会~

やっぱり、行かなきゃいけないと思った。
5回目にして初めてのB1グランプリ。
そこに行かなければ感じることのできないことがいっぱいあった。

ただの地域の食の出店が集まったのとはわけが違う。
それは、百貨店がする物産市に任せておけばいい。

ここには、地域が元気になろうと必死でとりくんできた、まあ、臭い言葉で言えば、汗と涙の結晶が詰まっている。そのひとつの成果の発表の場がB1グランプリであり、それがあるから、その目標があるから、地域からも理解され、応援を受け、頑張り続けることができる。

マスコミと出場関係者だけに限定された最後の表彰式。
優勝したチームは、市役所の職員だけで頑張ってきた甲府のとりもつ。
壇上にあがるみんなが抱き合い、手をつなぎ、涙を流す。

感動的なフィナーレだった。

また、来年も行こう。
来年は兵庫県姫路市での開催。

では、いくつか会場の写真を。(一般参加者として撮れる写真のみに限定してます)
雰囲気は分かってもらえるのでは。
なにせ、昨日だけで25万人集まったらしい。
b0041442_1036527.jpg

会場は、神奈川県厚木市。小田急線本厚木の駅から2会場に分かれて進む。
b0041442_1037383.jpg

チケットを求める列は路上まで連なっていた。
b0041442_1037434.jpg

b0041442_10383528.jpg

b0041442_1039519.jpg

b0041442_10432337.jpg

会場はとにかく人、人、人。最高で2時間待ちのところもあった。
b0041442_10393720.jpg

b0041442_104051.jpg

b0041442_10402543.jpg

b0041442_10404510.jpg

東海地方の出場者たち。初出場の豊川いなり寿司は、6位入賞の大健闘。
b0041442_10413948.jpg

僕のなかでの優勝は、奥美濃カレーひっちゃく棒。
カレーご飯に豚肉を巻き、独自のソースがかけられている。
むっちゃくちゃ、うまかった。
b0041442_10442295.jpg

最後は、自分が食べた箸を投票箱に入れる。人気投票がB1の原点。
b0041442_104782.jpg

b0041442_1048330.jpg

b0041442_10482858.jpg

b0041442_10485885.jpg

b0041442_10491445.jpg

こんな人もいれば、あんな人もいる。こんなキャラがいれば、あんなキャラもいる。

まあ、そんなわけで、楽しい1日。仕事的にもかなりの成果があった。
いろんなヒントをありがとう。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-09-20 10:49 | 旅日記  

<< イチロータイムス 最年少ロックフリーク少女 fr... >>