安曇野の夜明け

b0041442_5313242.jpg

安曇野の朝。
ひんやりとした、そのひんやりさ加減があまりにも心地よい。
b0041442_5323227.jpg

まだお月さんも名残惜しげに残ってて、そんな山の風景も趣き深い。
短歌でも一句詠みたくなる気分。
“安曇野の 雲なき空の 片隅に まん丸月が 迎える秋よ” 
(すいません。超即興です。今、詠んだんですが・・・。)
b0041442_5372473.jpg
b0041442_5373899.jpg

旅先で日の出を見るのが好きだ。
晴れた日には、必ず夜明け前から起きて見ていると思う。
こんなにも素晴らしい風景を旅行者たちのほとんどが逃している。もったいない。
b0041442_5385440.jpg

畑に延びる僕の影は、とてつもなく長く。
b0041442_5393874.jpg

秋の気配を感じる農村を朝日が照らす。
b0041442_5401464.jpg

早朝の高原。あまりにも爽快で、あまりにも気持ちいい朝。
また、いつか。安曇野で。
                          (2010.9.26 長野県安曇野にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-09-28 05:41 | 旅日記  

<< 久々のテレビ出演 イチロータイムス >>