伊良部島の路地をぶらぶらと

伊良部島を一周して自転車をペンションに返した。
まだ時間は4時半。慌てて宮古島に戻る理由はない。
ペンションのお兄さんが、船の時間までぶらっと散策したらどうですかと言われた。

さすがに疲れてたこともあって、ここで売ってたマンゴジュースでも飲んでゆっくりしようかと
思ったけど、そんなお兄さんの一声で、町歩き虫が騒ぎ出した。

ペンションのお兄さんは、これまで台風と戦ってきたこれまでの島の歴史を話してくれた。
壁に貼られた昭和30年代の昔の写真を見ながら、昔はこうだったんですよと。
そして、「伊良部特有の三角屋根の家もいくつか残ってますし、信じられないくらい狭い路地とか歩くのもいいですよ。あと、近寄っちゃいけない古井戸もあるんですけどね。」と笑った。

「ありがとうございます。じゃあ、船の時間までぶらっと歩いて帰ります。」
b0041442_732254.jpg

昔からの造りの家は何軒か残されている。
b0041442_742591.jpg

人がすれ違うことはできないような狭い路地をはさんで、みっちり家が詰まっている。
b0041442_752173.jpg

夕暮れ時だったからなのか、路地では、ご近所のおばあちゃん、おじいちゃんが集まってる。
穏やかな時間がすぎている。暮らしがのんびりしている。
b0041442_773499.jpg

b0041442_775011.jpg

ざっと1時間くらいぶらぶら島を歩いた。観光客が行くようなエリアではないから、通り過ぎる人たちほとんどに顔を見られた。珍しいんだろう。

港では、こいのぼりが力強く泳いでた。
そして、5時半のフェリーで、宮古島に戻った。
b0041442_781027.jpg

                                  (2011.5.6 沖縄・伊良部島にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-05-24 07:10 | 旅日記  

<< のんびりママチャリで過ごした宮... B級グルメスタジアム in エ... >>