リニア・鉄道館 探訪記① ~なるほど、“夢と想い出のミュージアム"~

b0041442_2221335.jpg

遅まきながら、3月の震災直後に開業した「リニア鉄道館」へ。(名古屋市金城ふ頭)
自分で書いてる本では、毎年トップ扱いで紹介してきたのに、いざ開業してもなかなか行けてないところが多い。多少、余裕のある今、あちこちなるべく見ておこうと。
やはり、僕の仕事の原点は、現場にある。
b0041442_2223128.jpg

この博物館には、サブタイトルがついている。
「夢と想い出のミュージアム」。
正直、この正式名称が発表されたとき、このサブタイトルって必要なのかと懐疑的に見ていた。
ところが、現場へ行ってわかった。
ここは、まさに、夢と想い出のミュージアムだった。
決して、鉄ちゃんのための施設ではない。子どもの遠足の場のための施設ではない。
子どもたちは、将来のリニアの開業に夢を見、大人たち、ご年配の人たちは、これまでの人生のなかでの鉄道の想い出をここで語る。

リニアのシミュレーションや車両を体感し、世界最大の鉄道ジオラマに将来の町を描く。
b0041442_2294870.jpg

b0041442_230683.jpg

b0041442_2301956.jpg

昔の電車の車両に想い出に耽り、青春時代の修学旅行を思い出すかのように記念写真を撮る。
b0041442_245399.jpg

b0041442_2455770.jpg

b0041442_2473464.jpg

b0041442_2475191.jpg

b0041442_2481146.jpg

b0041442_248301.jpg

マニアにはたまらないだろう。そして、マニアじゃなくてもそこそこに満足できる施設だと思う。
車両展示だけではなく、博物館の展示も貴重でかつ充実している。
それぞれの思い出に残る1日になるんじゃないだろうか。

ちなみに、僕が最も心動いたのが、間近で見る車輪や、車両の下の部分。
やはり本物の迫力。博物館はこれに限る。
b0041442_2531811.jpg

b0041442_2542451.jpg

明日は、世界最大級の鉄道ジオラマに見る風景をお送りします。
                          (2011.5.25 リニア・鉄道館にて(名古屋市))
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-05-27 02:55 | 旅日記  

<< リニア・鉄道館 探訪記② ~リ... 圧巻!ダルビッシュ完封ショー ... >>