清志郎さんが愛した奥三河  

今朝の朝日新聞の三河版。
清志郎さんが愛した奥三河と、そこでお世話になった宿のことが載ってた。
  → 記事はこちら  http://t.co/BbtrgOB 
この辺りは、僕の家から山の方に1時間半くらい車で走ったところにある。
山あいの川沿いにあるこじんまりとした温泉地。
b0041442_22305656.jpg

1年くらい前、僕はこの地域の商工会の人たちに呼ばれて講演をした。
そのときに、僕は、ここで紹介されている絵をパワーポイントで映した。
「みなさん、忌野清志郎さんってご存知ですよね。清志郎さんがこよなく愛した奥三河が描かれてるんですよ。そんな素晴らしいところに皆さんはいるんですよ。」
そう話しながら、僕は、涙が出そうになってしまった。
「すいません。ちょっと泣きそうになってしまいました。好きなもんで。」
この絵のことは清志郎さんの個展で知った。
奥三河に来てたってことはそこで知った。こんな近くに来てたんだって。

新聞で紹介されている宿の若主人が講演後、僕のところに来てくれた。
「そんなに好きなんですか。オヤジはよく来てくれましたよ。」と、
清志郎さんとその若主人がツーリングしながら一緒に写っている携帯の待ちうけ写真を見せてくれた。
若主人は、清志郎さんのことをオヤジと呼んでいた。

女将も話に加わり、少しだけ思い出話をしてくれた。

ただ、記事に書いてある筑紫さんとの対談がここで撮影されたことは知らなかった。
あの対談での清志郎さん、すごく穏やかな顔してるんだよな。
ここに来ると穏やかな気持ちになってたんだろうな。

この記事を書いた記者を僕は知っていた。
以前、僕がご当地グルメ関係の取材を受けたことがあった。
すぐに、そのK記者にメールした。
「清志郎さんの記事書いてくれてありがとうございます。今日、ツイッターで全国の清志郎ファンに拡散しますよ。」
すぐに返事があった。お礼に加え、いつもより反応が多いですと書いていた。


あまり知られてない清志郎さんの最後の頃。
清志郎さんは、穏やかな笑顔でここでゆっくり休んでたんだ。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-06-20 22:56 | 音楽  

<< 大阪ステーションシティ① ~今... クラレンス・クレモンズ ~愛し... >>