美しき朝日のあたるタコの島・日間賀島  

天気予報が悪かったから、今回、日の出が見られようとは全く思ってなかった。
今回は存分においしい食事を楽しんで帰ろうと。
島歩きと朝日や夕日はまたの機会にしようと。

けど、ひょっとしたらという淡い期待もあった。
今朝、4時過ぎに目が覚め、外を見ると雲が出てない。
おっ、これは行かなければ。
慌てて着替えて外へ出た。
ただ、もうかなり明るかったから、絶好のタイミングは逃しただろうなと。

3年前に来たときは、晩秋だったから東港を少し行ったあたりから朝日を拝むことができた。
   ( → その時の夜明けはこちら )   
けど、今日は、そこからは全く見えない。
もちろん、夏至を過ぎたばかりだから、もっと東なんだろう。
半ばあきらめながら、岬の突端まで出ると、どうやらその気配が。
僕がその突端に立ってから太陽があがるまで、それほど時間はかからなかった。
空は見る見る赤く染まっていき、太陽がゆっくりとゆっくりと、佐久島の向こうを昇って行った。
b0041442_20333822.jpg

日の出の時間、何人かの島の人たちと会った。
網の手入れをする人、散歩をする人、バイクでどこかへ出かける人。
バイクの音以外は、波の音と鳥の鳴き声とl漁船の音しか聞こえない。
その夜明けの静けさが好きだ。
b0041442_20364277.jpg

b0041442_2037195.jpg

この島のシンボルはタコとフグ。
タコのオブジェにもフグのマンホールにも朝日は穏やかに差していた。
朝日のあたる日間賀島。
b0041442_20403087.jpg

b0041442_20404653.jpg

1時間半くらい日が上がるのを見ながら散歩してた。
そんなゆったりとした時間を感じられるのも島ならでは。
日間賀島、もう、5、6回来てるけど、そんな夜明けから日があがるまでの日間賀島が一番好きだ。
                                     (2011.6.25 愛知県三河湾・日間賀島にて)
明日は、ぶらり島めぐり編を。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-06-25 20:43 | 旅日記  

<< 日間賀島をぐるっと歩いた  こ... 大阪ステーションシティ② ~花... >>