鳥羽の離島・菅島に新名所「サシバ岩」発見! 

すっかり仕事か趣味かわからなくなってきた離島めぐり。
今日は、水曜日に行った鳥羽の離島、菅島レポを。

菅島は、先日行った坂手島よりもふた回りくらい大きい。
本当は、ぐるっと一巡りしたいところだったけど、6月猛暑のなか、無理はやめておこうと。
灯台や浜のある東側方面を歩いた。

港から坂道を上っていくと向こう側の海が見えてきた。
b0041442_23325273.jpg

とりあえず目指すは観的哨(かんてきしょう)と日本最古のレンガ式灯台。
観的哨は、戦時中に砲弾の着水点を監視するために作 られた見張りの施設で、
神島と菅島の2箇所から監視していたものである。
b0041442_23443933.jpg

b0041442_23453237.jpg

残念なことに歴史的建造物なのに落書きが多い。
最も目立った落書きが「木下」。
犯人は恐らく木下さん。ただ、この島には木下姓が無茶苦茶いるらしい。
犯人特定は不可能。
b0041442_2347647.jpg

そして灯台へ。
灯台も日本最古のレンガ式灯台ということで、これも歴史的価値の高い建造物。
幸いこちらには落書きはなかった。
ややずん胴なその姿は、威風堂々としていて、海を守ってきた誇りすら感じる。
b0041442_23495122.jpg

灯台を過ぎ、海へ降りていった。
海沿いに歩けるなら歩いて行こうと。
b0041442_23503567.jpg

そこで見つけたのが、このサシバ岩。
(※サシバは鷹の一種。この辺りの空をゆったりと飛んでいる。)
地元では、もう誰もが知っている有名な岩なんだろうか?
ガイドブックやマップには、そんなことひと言も書いてない。
初めて行く者が見るからこそ気がつくことがある。
僕は、この岩を見た瞬間、サシバが今にも空に飛び出そうとかがんでいる姿に見えた。
ひょっとしたら菅島の新名所発見か!
b0041442_23534554.jpg

b0041442_23542172.jpg

いかがですか?
ちょっと無理あります?
いや、この類の何かに例えられる岩って結構ありますよね。人面岩とか。
まじめに、鳥羽市観光課に公認新名所として申請しようと思ってる。

そんなことにちょっとしたワクワク感を持ちながら、海沿いを少し歩き、港へ戻った。
b0041442_002157.jpg

b0041442_004149.jpg

港を見下ろす小学校の校舎も灯台をモチーフにしている。
b0041442_065214.jpg

猛暑のため、西側の絶景が見えるという山のコースはまたの機会にした。
“木下さん”に教えてもらったカツどんのおいしい重太郎屋さんも次に行こう。

ざっと2時間の菅島ウォーキング。
それぞれの島にはそれぞれの魅力がある。
菅島ももちろんそう。
ここにしかない自然や歴史文化の魅力を存分に感じた。
                                  (2011.6.29 鳥羽市 菅島にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-07-03 00:04  

<< 神島の少年    離島から都会へ  今日は都市(... >>