潮騒の島・神島に日が沈み、日が昇る  美しき夕・美しき朝

b0041442_2333068.jpg

b0041442_2334733.jpg

梅雨のこの時期、夕日と朝日が見られたのは幸運だった。
しかも、この美しさ。
こんなにも美しい夕日や朝日を、僕はただ立ち尽くして見ていた。
神島の人たちには、これが日常なんだろう。
わざわざ朝日なんて初日の出以外は見に来ないんだろう。
けど、旅人は、こんな夕日と朝日にとてつもなく深い感動を覚える。

僕は、夜明けのこの風景が好きだ。
まだ、灯台に灯が点り、漁船も灯りをつけている。
そして、夜から朝に変わろうとするほんの数分の間。
何とも言えない穏やかな静けさが訪れる。
b0041442_2413455.jpg

そして、空が徐々に赤く色づき始め、お日様がゆっくり昇っていく。
b0041442_2564039.jpg

b0041442_257128.jpg

b0041442_11512927.jpg

さあ、神島の朝が始まる。
b0041442_246181.jpg

                  (2011.6.29,30 三重県鳥羽の離島・潮騒の島・神島にて)

追伸
「日出ずる神島・朝飯前ツアー」のご提案(6~7月)
朝4時フロント集合→4時半・伊良湖岬が見えるオーカ(伊良湖岬が見える丘)へ
→幻想的な日の出鑑賞 → 神社詣で → 朝の漁港・町の散策(散歩している島のじいちゃん、ばあちゃんたちがいい味出してます。島の人の会話が楽しい) → 6時半・朝風呂 → 7時・無茶おいしい朝食へ
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-07-07 02:54 | 旅日記  

<< 伊勢おはらい町  七夕の景 神島の少年    >>