中学野球最後の夏 ~鳥羽東中がくれた友情~

b0041442_0244527.jpg

高校野球、夏の甲子園が始まった今日、豊橋では中学生野球最後の戦いが始まっていた。
東海4県の各県大会上位2校による8チームのトーナメント。
東海4県で残されているのはわずかにこの8チームだけ。
勝ち抜けば上位3チームまでが全国大会への出場権を得る。
今日、負ければ3年生の夏は終わる。
b0041442_23541516.jpg

愛知県大会で準優勝に輝いたわが母校が出場。
そのチームには、小学校のときに教えた、というより、一緒にキャッチボールや野球を楽しんだ子どもたちがいる。
3番ファースト、4番のエース、6番センターの2年生。
こいつらとどんだけ野球をやってきたことか。
だから、仕事絡みで遠くまででかけてたけど、試合に間に合わせるように高速飛ばして帰ってきた。
自分の息子の試合の応援にいくかのような勢いで。
b0041442_23225137.jpg

b0041442_2323122.jpg

今日勝てば全国大会への可能性が一気に高まる。
相手は、球場に着くまで知らなかった。
試合時間だけを聞いて駆けつけると、相手はなんと三重県大会優勝の鳥羽東中。
鳥羽の皆さんには仕事で大変お世話になり、最近では毎週のように通う愛着のある町。
その鳥羽の子どもたちと戦うことになるとは。
この球場は、わが母校の選手は何度も戦ったことのある球場。
そして、観客席には僕らも含め多くの応援団。
鳥羽の子たちは、伊勢湾フェリーで来たんだろうか。
慣れない船旅、バス旅に揺られてやって来た。

結果は、2対0でわが母校が勝った。
両投手ともに素晴らしく、いい投手戦の好ゲームだった。
b0041442_2330873.jpg

試合終了時、両チームのエース兼キャプテンが握手を交わした。
そして、鳥羽東中の3年生の夏は終わった。

鳥羽への愛着があるだけに、うなだれる選手たちを見るのが辛かった。

試合後、完封勝ちを収めた教え子に声をかけ、握手をした。
「ナイスピッチ!全国行けよ。」
「ありがとうございます。がんばります。」
ひょっとしてひょっとしたらプロに行くかもしれないエースと記念写真。
そんな祝福ムードの明るい雰囲気が球場外で繰り広げられていた。
b0041442_23345965.jpg

鳥羽東の選手たちも、貸切バスに向かい帰りの準備をしていた。
もう僕も帰ろうかと思っていたら、わがチームの選手たちが集まり始めた。
どうしたのかと思ったら、鳥羽東の選手たち何人かが、自分たちの勝利を願って折ってくれた千羽鶴を持って歩いてきていた。
「僕たちの分も頑張ってください。」
ほんのひと言くらいしか語ってなかった。
高校野球ではよくある儀式らしいけど、中学野球でもこんな友情が交わされていた。
両キャプテン&エースは、再び固い握手、そして鳥羽東のエースは笑顔だった。
とてもいい光景だった。
わがチームの選手たちから大きな拍手が送られた。
b0041442_2344143.jpg

エースは笑顔だったけど、他の選手には涙を拭っている子もいた。
悔しかったのか寂しかったのか。
バスの横で帰り支度をする選手たち。
泣き崩れ、先生に慰められている子もいた。

鳥羽東中3年生、最後の夏。
b0041442_23483681.jpg

彼らがくれた千羽鶴に込められた想い、友情を、明日つなげていってあげたい。
ありがとう、鳥羽東中の選手たち。
そして、がんばれ、わが母校。
                   (2011.8.7 豊橋市民球場にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-08-06 23:49 | 野球  

<< 中学野球東海大会 ~引き継がれ... メッセージ from フジロック  >>