紅葉、そして落葉のブナの森へ。

b0041442_11182957.jpg

朝起きたときと、その20分後の山の景色。
わずか20分で、こんなにも表情が変わっていた。
さあ、遠くに色づくブナの森へ行こう。
b0041442_11192854.jpg

ブナの森は、紅く、黄色く色づいていたけど、ぼちぼち落葉が始まっていた。
b0041442_11202539.jpg

厚く敷き詰められた落葉によるふかふかのじゅうたんの上を、サクサクと音を立てながら歩いた。
b0041442_1122017.jpg

b0041442_11221474.jpg

b0041442_11224738.jpg

途中、深呼吸しながら数分間、黙って立ちすくみながら、みんなで森を見上げていた。
聞こえてくるのは風の音と、葉のすれる音と、鳥たちの声だけ。
数分間の間に、心がすーっと落ち着いていくのがわかる。
なぜか、子供のころを懐かしく思い出ていた。
それは、純粋な心になっていたってことなんだろうか。
ああ、地球って星はこうして息をしてるんだとも思った。
b0041442_1126671.jpg

みんなで拾った葉っぱを色別に分けて、森のグラデーションを作った。
b0041442_11265665.jpg

こんな森に癒されたい方、信州いいやま「なべくら高原・森の家」を訪ねてください。
素敵な森の案内人さんたちが、あなたの心を完全に癒してくれます。
                                 (2011.10.27 長野県飯山市にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-10-29 11:29 | 旅日記  

<< 映画「阿弥陀堂だより」の山里より。 鳥羽の夜明け。海のまちの夜明け。 >>