上海の夜。優艶で幽玄な豫園(よえん)にて。

b0041442_188090.jpg

仕事を終えた頃には、もう夕暮れになってた。
そして、あっという間に日は暮れていった。
今回、仕事以外どこにも行くつもりはなかった。
けど、やっぱもったいないなと、相棒を連れて豫園(よえん)まで歩いた。
b0041442_1883688.jpg

上海のなかでは、最も観光地らしきところだと思う。
逆に言えば、観光地化されたところ。
元々は何百年も前に、お役人が楽しむためにお庭を作ったところ。
そこが、商業観光化して今に至っている。
なんつっても、建物は中華風でも、ハーゲンダッツが1階に入ってるんだから。
b0041442_189718.jpg

ただ、ここには夜に来たことがなかった。
朝と昼の姿しか知らなかった。
b0041442_1893621.jpg

夜の姿は優艶で、幽玄な雰囲気が漂ってた。
こんな豫園もいい。
b0041442_1895647.jpg

b0041442_18114623.jpg

                      (2011.11.14 上海にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-11-20 18:12 | 旅日記  

<< 涙の校正、そして終電で家路へ。 贈り物は果実酒。 >>