追憶のUSAひとり旅② from デトロイト to ワシントンD.C.

b0041442_22173420.jpg

(すいません。5月下旬にを書いて以来の続きです。)
ノースウエスト航空のハブ拠点、デトロイト空港。
僕はここで乗り換えて、ワシントンDCに向かう。ここでの乗り換え時間は約2時間。
それほどゆっくりする間もなく、ぶらぶらとショップをめぐっていた。
b0041442_2247262.jpg

まず目に入ったのが MOTOWN SHOP。
音楽に興味のない人ならなんとも思わないかもしれないけど、基本的にアメリカ音楽にライフスタイルの影響を受けている僕は、この店を見ただけで、すごくアメリカに親しみを感じるのであった。
そして、まだ着いたばかりなのに、早速、自分用と女房用のTシャツを買い込んでいた。
アジアではなかなか食指の動くおみやげがなかったけど、ここではまったく迷うことはなかった。
b0041442_22475722.jpg

五大湖を横目で見ながら、デトロイトを飛び立った。
「ス・ミ・ヒュ・エ・オ」と大学受験のときに自己流で頭文字だけで覚えた五大湖の名前は今でも言える。
ああいう記憶って永遠に忘れないんだろうか。
「ああ、これが五大湖か」と、大学受験のことも妙に感慨深く思いながら、飛行機は旋回しワシントンDCに向かっていった。
b0041442_22535965.jpg

これまでのアジアの旅、そして、名古屋からデトロイトまでとは違い、乗客のほとんどがアメリカ人。これまでと違った緊張感がようやく出てきた。
ワシントンまではわずかに2時間程度。
寝る間もなく、ワシントンの町並みが見えてきた。
リンカーン記念館やホワイトハウス、国会議事堂の真横を飛行機は降りていった。
こんな近くを飛んでいくんだという驚きとともに、9.11のときもここが狙われていたことを思い出す。
そして、僕は、初めてアメリカ旅行に仕事で来たとき以来、18年ぶりにワシントンに降り立った。
                                   (2007.4.27 ワシントンDCにて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-07-05 23:00 | 旅日記  

<< 追憶のUSAひとり旅③ Bor... for the children >>