世界一美味しい牡蠣が捕れる湖

b0041442_812451.jpg

三重県にある世界一美味しい牡蠣が捕れるという湖で牡蠣職人に会った。
ここでは、他で養殖されたものを持ってきて育ててるのではなく、卵から完全に育てている。
だから、職人にも誇りと気概がある。
そして、汽水湖であるこの渡利地区だからのおいしさがあるんだという。
b0041442_842677.jpg

実際にうまい。
無茶苦茶うまい。
もちろん、その場で捕れたばかりのものを目の前でさばいて焼いてもらったんだけど、そのうまさは、これまでに経験のないほどの感激ものだった。
こくがなくてさっぱり、にがみがない、身がたっぷり。
少なくとも僕が食べた牡蠣では、世界一の美味しさである。
b0041442_881643.jpg

職人は、牡蠣のことならなんでも話す。
牡蠣の貝のじょうずな開け方。牡蠣の生態について。おいしい食べ方。
また、会ってみたい。
やっぱり、旅って人との出会いが一番いい。
b0041442_8173097.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-11-15 08:11 | 旅日記  

<< 古道を歩く 1962年9月24日はディラン... >>