社交界デヴュー

b0041442_10493190.jpg

主催者のサイトによれば、“名古屋で最も格式の高い国際イベント”という盛大な国際パーティーへ。
お話をいただいた時には、間違いなく僕などの品格のない者は浮くだろうと迷いつつ、社交界デビューへのせっかくの機会と出席させていただいた。
そして、その社交界のパーティーってのはどんな世界なんだろうという興味もあった。
b0041442_1055737.jpg

会場は、名古屋トップ3に入る高級ホテルの大宴会場。
受付の名簿は全て英語。そして、ここかしこで聞こえてくる会話はほとんどが英語。
肩身が狭い。そして、ウェルカムドリンクをとりに行くと、そこでも英語で話しかけられる。
それは、僕が香港人あたりに見えたのかどうか分からないけど、このままこのパーティーは全て英語が公用語なんだろうかという不安。
b0041442_105884.jpg

ただ、そんな不安を消してくれたのが音楽だった。
黒人ジャズボーカルの生演奏は開演からしばらく続いていたし、スピーチや表彰、抽選会なども織り交ざってたけど、日本のパーティーにある政治家の挨拶みたいな間延びはない。常に、それぞれのスピーチや表彰にも音楽がついてまわる。
パーティー全体にリズムがあり、ライブ感がある。
これは、僕にとっては救いの神だった。だから、退屈はしなかったし、楽しくもあった。
b0041442_1105681.jpg

b0041442_1112496.jpg

後半はダンスパーティ会場と化し、みんなが楽しんでた。
うん、これが、アメリカンスタイルのパーティーなんだろう。
とにかく人との出会い、再会、そして、その夜、その時間を楽しんでる。
パートナーでもいればもっと楽しめたんだろうけど、ひとりでもそれなりに楽しめた。
また、来年、声がかかるかどうか分からないけど、こんな夜もたまにはいいなと。

P.S
b0041442_11221047.jpg会場にいたRadio-iのクリスさん
いつも僕はこのFM局を聞いてるし、いつもgood musicを届けてくれるお礼が言いたくて声をかけた。
「いつも聞いてます。radio-iの選曲すごくいいですよね。いつもいい音楽ありがとうございます。」
「ありがとうございます。これからもずっと聞いてください。」
笑顔のクリスさん。あのセクシーヴォイスの生声(なまごえ)を聞いた。
記念撮影をし、握手をしてお別れした。
心からの気持ちを込めて「ありがとう」といいあえるのはいいなと。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-11-22 11:11 | 日記  

<< 偉大なる先人 名古屋飛ばさず >>