偉大なる先人

b0041442_2136374.jpg

仕事で何度も行っていながら、実は、まともに施設を見ていないというところが結構ある。
このミキモト真珠島もそのひとつ。
仕事で2度行ってるけど、ヒアリングをしただけで、施設はまともに見ていなかった。
今日、鳥羽までイベントを見に、フェリーに乗って出掛けた。
そして、そのイベントの間の時間に、隣にあるミキモトへ。
時間は1時間ある。いつもの視察でも、これだけ時間をとることはまずない。
b0041442_21522870.jpg

博物館のなかでの説明もしっかり聞き、養殖真珠が出来るまでをしっかり学んだ。
そして、海女さんの実演も、これまで横目でしか見てなかったけど、最初から最後まで見させてもらった。
b0041442_21413825.jpg

手を振りながら船に乗ってやってきた3人の海女さん。
写真で手を振っている子は、まだ二十歳の新人のお嬢さん。
b0041442_21424269.jpg

b0041442_2143078.jpg

海女さんたちのシーズンは11月までだという。
今日の鳥羽は暖かく、水温は17℃だったけど、それでもあの薄着ではもう限界だろう。
船に積まれたストーブがさぞ暖かろう。
b0041442_22554814.jpg

実は、今日の収穫は、博物館でもなければ海女さんでもない。
世界で初めて真珠の養殖に成功した御木本幸吉の偉大な生き様に感銘を受けた。
御木本幸吉記念館だけで、30分はいたかも知れない。
生い立ちから、ビジネスの考え方、生活、家族、自分自身の生き方、ユーモアとホスピタリティ、夢、それぞれを追っていくにしたがって僕はぐいぐいと惹きつけられていった。
そして、少なからぬ刺激を受けた。
尊敬すべき偉大な先人がひとり増えた。
                                          (2008.11.23 鳥羽にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-11-23 21:50 | 旅日記  

<< 虹といえば天地真理 社交界デヴュー >>