カテゴリ:旅日記( 278 )

 

豊島 ~アートな島のひとり旅②

【アートな島のひとり旅④ 豊島(てしま)編】(写真34枚、よかったら最後までどうぞ)
春の濃霧で午前便が欠航。予定はすべてキャンセルかと絶望的だったが午後1便が動いた。予定を2時間圧縮しての大急ぎでの豊島めぐり。豊島横尾館、豊島美術館に心動かされ、延々歩いて向かった「心臓音のアーカイブ」には自分のハートビートを録音・貯蔵。微動だにしない猫や、たこやき屋のおばあちゃんに心なごむ。
(2015.4.5~7 直島・豊島・犬島3days)
→Facebookアルバムに写真34枚
b0041442_18425621.jpg
b0041442_184310100.jpg
b0041442_18432535.jpg
b0041442_1843402.jpg
b0041442_18435373.jpg
b0041442_1844827.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2015-04-18 18:45 | 旅日記  

犬島~アートな島のひとり旅①

【アートな島のひとり旅① 犬島編】
直島から船で豊島経由、約1時間。そこに待ってたのは強烈なインパクトで迎えてくれた産業遺産「犬島精錬所美術館」。そして、さりげなく現れる家プロジェクト。たった40人しか暮らしていない犬島のアートめぐり。すれ違った人はわずか3人だった。
→facebookアルバムへ(32枚)
(2015.4.5~7 直島・豊島・犬島3days)
b0041442_19483486.jpg
b0041442_19485335.jpg
b0041442_19491089.jpg
b0041442_19493693.jpg
b0041442_19495472.jpg
b0041442_19501234.jpg
b0041442_19502972.jpg
b0041442_19504527.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2015-04-17 19:52 | 旅日記  

富士山に触れる〜宝永火口トレッキング

中日新聞の旅サイトブログ「昇龍道春夏秋冬さすらい旅」で、富士山トレッキングのこと書きました。
こちらからどうぞ。 → 旅ブログ
b0041442_17183572.jpg
b0041442_17185538.jpg
b0041442_17193072.jpg
b0041442_1720140.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2013-11-30 17:19 | 旅日記  

五ヶ所湾から剣峠越えのお伊勢さん参り ~五十鈴川の源流を辿る旅~

五ヶ所湾から剣峠越えのお伊勢さん参り ~五十鈴川の源流を辿る旅~
↓こちらをどうぞ。中日新聞の旅行サイトでブログ書いてます。
http://tabi.chunichi.co.jp/blog/syoryudo/
b0041442_2055344.jpg
b0041442_20555545.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2013-09-26 20:59 | 旅日記  

沖縄・八重山ひとり旅③ ~ちゅらさんの島・小浜島をぐるっと1周してきたさー~

b0041442_227424.jpg

5月20日午後。
スコールにやられた黒島から石垣島へ船​で戻り、八重山そばを食べて、すぐに小浜島に向かった。​
今度は、天気予報を信じよう。雨は午後から上がるはず。​
小浜島につくと、船降り場の両サイドに「レンタサイクル10​0円」の看板を持った女性が立っている。
選ぶのがむずか​しかったけど、目が先に会った方にした。
そのレンタサイクル​屋さんでもらった地図とおじさんが赤色鉛筆で書いて教え​てくれた半日コースをほぼ忠実にぐるっと回ってきた。
b0041442_227561.jpg

ア​ップダウンはそこそこあり、一気に走り抜けられるわけで​もない。
途中、休憩しながら、ときには自転車をひきなが​ら、浜辺でのんびりしながら、島をぐるっと回った。
b0041442_22102321.jpg

集落​では自転車を道端に止め、1時間ほど歩いた。
b0041442_2292054.jpg

写真を​見ていただければわかると思う。
ここには何にもないけれ​ども、僕の心はこの島をまわってまっさらになったのだっ​た。

→小浜島ぐるっと1周写真集はこちらをどうぞ。→ 小浜島ぐるり58景
b0041442_2294918.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2012-06-02 22:09 | 旅日記  

沖縄・八重山ひとり旅① ~夕暮れの石垣市街~

b0041442_20584063.jpg

5月19日。2年ぶり2度目の石垣島。港のそばにあるホ​テルに着いたのは夕方6時過ぎ。外はまだ明るかった。荷​物だけ置いて、ホテルでママチャリ借りて2時間街を走っ​てきた。島人文化、海人文化、観光地としての顔、市民が​暮らす風景。石垣島から他の島めぐりが目的だったけど、​もうこれだけで十分満足だった。

ひとり旅写真集・こちらをそうぞ。
沖縄・八重山ひとり旅① 
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2012-05-27 20:57 | 旅日記  

chinese children 中国の子どもたちに微笑みを

b0041442_21533544.jpg

上海空港に向かうリニアがホームに入ってきたとき、お母さんに抱きかかえられた子どもが指を指して最高の笑顔を見せてくれた。
b0041442_21551454.jpg

中国の子どもたちを見るととても愛おしい気持ちになる。
とくにこんな小さな子どもたちが愛くるしい。
中国だけじゃないとは思う。
そう、世界中の子どもたちはみんな無邪気で純粋だ。
b0041442_21572555.jpg

遊具に乗っていた子ども。
隣にいたおばあちゃんが写真を撮ろうとした僕に気がついて、「ほら、写真撮ってくれてるよ。」と子どもに笑顔で話しかける。
b0041442_21591777.jpg

(それにしても、この遊具たち、ちょっと怖い。何の動物?)
b0041442_2203395.jpg

地下鉄の出口で物売りの手伝いをしていた子。
実は、この子には1年前にも会っている。
ひょっとしたらいるかなと思ったら、やっぱりいた。

これが去年の写真。↓
(そのときの話はこちら →「少年の目」 )
b0041442_225969.jpg

ちょっぴりお兄ちゃんになってた。
今回は話さなかったけど、また、この地下鉄の出口に来たらあの子に会えるかな。
僕は君のことをずっと覚えてるよ。
b0041442_226799.jpg

                        (2011.11.13~15 上海にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-11-23 22:07 | 旅日記  

上海の夜。優艶で幽玄な豫園(よえん)にて。

b0041442_188090.jpg

仕事を終えた頃には、もう夕暮れになってた。
そして、あっという間に日は暮れていった。
今回、仕事以外どこにも行くつもりはなかった。
けど、やっぱもったいないなと、相棒を連れて豫園(よえん)まで歩いた。
b0041442_1883688.jpg

上海のなかでは、最も観光地らしきところだと思う。
逆に言えば、観光地化されたところ。
元々は何百年も前に、お役人が楽しむためにお庭を作ったところ。
そこが、商業観光化して今に至っている。
なんつっても、建物は中華風でも、ハーゲンダッツが1階に入ってるんだから。
b0041442_189718.jpg

ただ、ここには夜に来たことがなかった。
朝と昼の姿しか知らなかった。
b0041442_1893621.jpg

夜の姿は優艶で、幽玄な雰囲気が漂ってた。
こんな豫園もいい。
b0041442_1895647.jpg

b0041442_18114623.jpg

                      (2011.11.14 上海にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-11-20 18:12 | 旅日記  

地球の夕暮れ、アジアの夕暮れ。

地球の夕暮れ、アジアの夕暮れ。
雲の上ではいつもお日様はせっせと働いてる。
通路側を望んだけど、窓側も捨てがたい。
b0041442_09084.jpg

(2011.11.13 東シナ海上空、上海まであと30分の空​にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-11-19 00:09 | 旅日記  

夕暮れの上海。どの街もこうして日が暮れていく。

夕暮れの上海。
4つ目のアポを終えて、金融街の超高層ビルの外へ出るとこんな景色が見えた。
そう、こうしてどの街も日が暮れていくんだ。

この時間に、ここで仕事がなければ、見れなかった。
そんな時の巡り合わせも感じながら。
b0041442_2313330.jpg

滞在時間39時間、facebookもブログもtwitterも見れない上海から帰ってきました。
ちょこちょこと写真、明日から紹介しますね。
今日は、そのなかでも気に入った写真1枚で。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-11-15 23:02 | 旅日記