<   2008年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

誰の恵子?・・・・今日も再びコネタで

b0041442_161327.jpg

名古屋城の近くのちょいと下町で。
黄色い地に、ピンクの文字。そして、恵子の文字・・・。
ちょっといかがわしいクラブか、サロンかと・・・。
「俺の恵子」いや「僕の恵子」、いやいや、「WASHIの恵子」じゃと・・・。
ところが、近づいてみると、なんと市会議員の事務所。
しかし、この看板の色なら、八戸のような美人市議でも・・・・。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-10-31 01:13 | 日記  

今日もコネタでひとつ・・・・

b0041442_23265572.jpg

               二毛作?            (2008.9 瀬戸の商店街にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-10-29 23:27 | 日記  

今日はコネタでひとつ・・・・

b0041442_151835.jpg

ビルの上にニャオ~。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-10-29 01:13 | 日記  

ニュー・オーリンズに行ってきた・・・・気分

b0041442_2346280.jpg

会社を飛び出し、地下鉄に乗り3駅、あまりにもいいタイミングで電車が来たってこともあり、会社からライブ会場へはわずか15分ほどで着いた。
会場は、地下鉄駅3番出口を出てすぐの目の前。
開演時間は7時半。僕が着いたのは7時33分、2階の会場に階段をあがってくと、セカンドラインのあのニュー・オーリンズビートがズズンと聞こえてくる。
地下鉄を降りて、1、2分。
気分を入れ替える間もなく、僕は、ニュー・オーリンズの世界に飛び込んでいた。
目の前で、アーロン・ネヴィルが歌ってる。
あのネヴィル兄弟たちが、最高のグルーブを奏でている。
客のノリも開始早々からかなりいい。みんな待ってたんだ。

ついさっきまで、大急ぎで原稿を書き、印刷所に入れていた僕と、ここにいる僕。
何か突然、夢の世界に入ったかのような錯覚に陥っていた。
時に、夢のなかで、何で俺ここにいるんだろうと思うような感覚に近かった。
それは、それは、本当に最高のライブを繰り広げてくれ、あっと言う間に1時間40分のライブは終わった。
アンコールでアーロンがほぼアカペラで歌ったAmazing Grace。
これを極上と言わずしてなんといおう。何かすごいものを目の前で見ているような・・・・。

夢のような、ニュー・オーリンズに行ってきた気分。
いやいや最高に幸せでした。

明日、明後日は東京でライブ。東京の皆さん、最高のグルーブのリズムで踊りたかったらJCBホールへ。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-10-27 23:59 | 音楽  

子どもたちが、自分たちの言葉で“いのち”と向き合った感動の実話

b0041442_1155447.jpg

いよいよ来週11月1日から全国ロードショー始まります。
「天まであがれ!!」でお世話になった小川プロデューサー入魂の作品です。
天までをご覧いただいた方は、続編的な作品としてもちろん見ていただきたいし、ご覧になってない方も、全国ロードショーですのでお近くの映画館で是非ご覧ください。
特に、小学生のお子さんがいらっしゃる方、お子さんと一緒にご覧ください。
子どもたちが、自分たちの言葉で“いのち”と向き合った感動の実話。
何かを感じ、何かを学び、何かを考えさせてくれるはずです。
11月は、「ブタがいた教室」を見に映画館へ!  (↓予告編)

トータス松本が歌う主題歌もよさげです。(↑ここでも聞けます)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-10-26 11:10 | 日記  

Last Game?

ひょっとしたら、今日がドラゴンズの憲伸としては、最後のマウンドになるかも知れない。
来年は海の向こうか、他の色のユニフォームを着ているのか・・・。
だから、仕事の途中で抜けて、この回だけ抑えればという場面で会社のテレビをつけた。
外角低目に投じたフォークは完璧に弾き返された・・・・。
マウンドをうつむきながら降りる憲伸の姿を見届けた。
これでドラゴンズの憲伸は終わってしまうのか。
あまりにも寂しい最後の姿。
むしろ、打たれたことで、このまま終われないという気になってくれれば嬉しいんだけど。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-10-25 03:21 | 野球  

日本一モードへ

b0041442_23172538.jpg

豊橋駅は、はや日本一モード。
厳しいと思ってたけど、今日の勝ちで行けるかも知れないと思えてきた。
そして、やはりWBCは落合で行くべきだなと。
それで負ければしかたがない。だって、2年連続日本一の監督になるんだから。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-10-22 23:20 | 野球  

ストレート

岡田は攻めた。
後攻めでも、球児を先に出し投手で攻めた。
それが岡田のやり方なのだ。

球児も攻めた。
フォークを投げれば9分9厘三振なのに、ストレートを投げた。
球児は、北京から帰ってきたあとのインタビューでこう言ってた。
「北京で分かったことは、僕はストレートが全てってこと。」
準決勝で、フォークを打たれたことを彼は悔やんでいた。
ストレートで打たれるならそれでいい。それが僕なんだと。

阪神ファンにはたまらなくつらいだろう。
けど、僕は、負けて潔しという、岡田監督、そして、球児の姿に感動すら覚えた。

岡田の胴上げの涙は何を意味する。
悔しいというのじゃないと思う。
やりきった後の男の涙だと思う。

5年間の真剣勝負をありがとう。
b0041442_050535.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-10-21 00:43 | 野球  

生ジェロ(なまじぇろ)

b0041442_21323356.jpg

午前中、娘と女房と3人で自転車に乗り、今年で51年目を迎えた豊橋の全小中学生が出品するこどもアートの祭典「造パラ」(子ども造形パラダイス)へ。
b0041442_21345330.jpg

会場は家から1キロ足らずの豊橋公園。
隣接する豊橋球場でもイベントが行われてて、午後のステージには、奇跡の黒人演歌歌手・ジェロとアントキの猪木、アゴまねのHey!たくちゃんがやってくる。
娘も女房もそれには全く興味を示さず、一旦家に帰る。
タレントのステージは1時からだから、多分、ジェロはトリで2時過ぎだろと思ってた。
僕もどうしても見たいとは思ってなく、気が向いたらそんとき考えようと・・・。

1時半過ぎ、家でテレビを見てると、遠くから歌声が聞こえてくる。
テレビの音を消して、娘に確認した。
「これ、ジェロ?」「多分、そうだよ。」
ラジオの生中継をしていたので、すぐにラジオをつけるとまさに同じ音が聞こえてきた。

奇跡の黒人ENKA singerが、家からわずかに1キロ、自転車で5分のところで歌ってるのに、これは見に行かないわけにはいかない。やはり血が騒いだ。
すぐに、僕は家を飛び出し、再び豊橋球場へ。
b0041442_21422248.jpg

野球場の裏に自転車を止め、外野スタンドの土手を駆け上がると、大スクリーンにジェロの姿が見えた。
まだ、やってた。
場所を変え、ステージ近くへ急ぐと、あの代表曲「海雪」を絶唱してた。
b0041442_21454994.jpg

b0041442_2146167.jpg

それから2曲、生ジェロ(なまじぇろ)を体感してきた。
歌や日本語がうまいのは知ってたけど、関心したのがその礼儀正しさ。
挨拶の仕方やお辞儀の仕方といい、日本人らしい、そしてENKAの心を持った青年である。
b0041442_21485599.jpg

家に帰り、昼飯を食べようとしてたら、今度は叫び声が聴こえる。
「イーチ、ニー、サーン、ダーっ!」
ジェロの歌声と、アントキの猪木の叫び声が家から聴こえるって、まあ、そんな日はそうやたらにはないだろう。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-10-18 22:04 | 日記  

少年の目~What do you think about?

b0041442_2135172.jpg

とある駅のトイレの前。
トイレにいってるお母さんを待っていた幼き兄弟。
まじまじと、みつめる先には、指名手配犯たち。
食い入るように、その兄弟はポスターを見ていた。
「あれっ?この人、知ってる・・・」とでも言い出しそうな気配。
少年の目、僕はあなどれないと思う。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2008-10-18 02:18 | 日記