<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

Short Break ~東紀州 まじめ編

ブログ的旅日記とは違い、仕事上ではライターとして、こんな風にまじめに書いてます。
 → ライターとしてのコラム(隔月連載中)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-01-29 07:17 | 旅日記  

熊野古道の町並みを歩いた ~東紀州ひとり旅②~

b0041442_8212716.jpg

駅までそのまま行けば15分。
けど、時間はある。のんびり、気ままに1時間かけて歩いていった。
熊野古道のイメージは、石畳や森林、海辺の印象が強い。
だから、こんな町並みが残された街道筋があったのは意外だった。
b0041442_8234854.jpg

東海道や中山道とも少し違った趣がある。
漁村の生活文化が残されたそのたたずまい。
僕はこんななんでもない路地を歩いているのが好きだ。
b0041442_824119.jpg

そして、その先に見つけた橋。
それは、僕にはとても興味深い橋だった。(続く)           (2009.1.16 熊野市で)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-01-27 08:26 | 旅日記  

朝日を待って海辺を歩いた ~東紀州ひとり旅①~

b0041442_17261720.jpg

夜明け前の始発電車に乗り、熊野駅に6時半に着いた。
尾鷲駅で乗ったときには、まだ真っ暗だったのに、段々空は明るんでいく。
日本一長い砂礫の海岸「七里御浜」からの日の出が見たかった。
b0041442_17263755.jpg

何年か前からずっとここに来たかった。
熊野駅から海岸までは、数百メートル。
町には誰一人歩いていない。僕はそんな町を10分かからずに通り過ぎ海岸に着いた。
波は穏やかで、砂礫の海岸もきれいに遠くまで見渡せた。
b0041442_17265855.jpg

ここから、奇岩が連なる名所「鬼ケ城」まで歩く。
ちょっと不安な分かれ道があり、散歩中のおじいちゃんに道を尋ねた。
ここにもずっと来たかった。この岩を見てみたかった。
b0041442_1727277.jpg

b0041442_17282135.jpg

片道約1キロの遊歩道を往復し、たっぷりと海風のマイナスイオンを吸収してきた。
遊歩道とはいえ、アップダウンの激しい階段と岩の間を抜ける難コース。
まちなかの寒さはいつの間にか消え、朝日の暖かさもあり、体は汗ばんでいた。
b0041442_17285715.jpg

往復して戻ってきたとき、まだ、時計は7時半。
次の予定の電車の時間までまだ小1時間あった。
熊野の町を少しだけ遠回りして行こうと決めた。(続く)
                                  (2009.1.16 三重県熊野市にて)                  
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-01-25 18:40 | 旅日記  

キム兄の味

b0041442_19295178.jpg

名古屋に初出店したキム兄プロデュースの店「きむら庵」でランチ。
b0041442_19311596.jpg

店内はいたってシンプル。
b0041442_19333122.jpg

壁面には、キム兄のさりげない言葉、メッセージ。
b0041442_19343843.jpg

ランチメニューもシンプル。
丼3品と、日替わり弁当。
僕が頼んだのは、トマト炒め卵丼。
b0041442_19373635.jpg

これが、うまい。
シンプルな味だけど、かなりおいしい。一気に2杯食べたいいのおいしさ。
まだ、土曜日に学校があった頃に、土曜日の昼飯に食べたい味。
(この感覚分かってもらえるだろうか。) 
他の丼も全て食べたい。
そして、今回、食べ損ねたお得な1日20食限定の日替わり弁当も食べたい。
夜メニューの「伝説のキム鍋」も食べたい。
全国の皆さん、会社に寄ってもらったときはここで飯食いますか。
                                     (2009.1.23 名古屋・栄)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-01-24 19:38 | 日記  

まる子ちゃんの町で

b0041442_0636100.jpg

まる子ちゃんのまちで。                       (2009.1.22 静岡駅前にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-01-23 00:40 | 日記  

今年もゆるフェスがやってくる

b0041442_0552359.jpg

去年、はじめていったロック・オン・ザ・ロック。
今年は、4月じゃなく、5月にやってくる。
4月じゃ、ちょっと寒かったもんな。うん、いい季節だ。
三河の衆よ、さあ、今年は、みんなで行くぞ。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-01-22 00:58 | 音楽  

時代は変わる

b0041442_2142357.jpg

2年前に行ったワシントンDC。
ホワイトハウス前にあった当時の大統領と、その前の大統領の等身大パネル。
b0041442_224689.jpg

もはや遠い昔の人のように思える。

今、オバマ大統領が就任演説を終えた。
その言葉は力強い。
自分自身を含めた、国民ひとりひとりが今立ち上がるときだと。
希望は与えられた。
そして、時代は変わる。
b0041442_2275060.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-01-21 02:22 | 日記  

I believe in you

スプリングスティーンが、100人をも超えるゴスペル隊を前に、Risingを歌う。
“手を携えて さあ 立ち上がろう”
b0041442_2243895.jpg

ボノが、大群集を前に、Prideを歌う。
“愛の名のもとに ひとりの男が現れた”
b0041442_22435296.jpg

僕も彼らと同じように、“あなた”を信じている。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-01-19 23:09 | 日記  

28年ぶりにコートに立つ

昨晩、ソフトバレーのメンバーが午後ひとり足らないから助っ人に来て欲しいとのメール。
気になる仕事もあったので、一旦断った。
すると、夜中に再び、別のメンバーから同じ誘いのメールが届いた。
こちらも、同じく仕事を理由に断った。

そして、今朝。
一晩経って気が変わったというわけではないけど、困ったときはお互い様かなと思い、まさに人助けのつもりで「もし、どうしてもまだ困ってるなら2、3時間ならいけないことないけど」と再度返事。すると、「助けてくれ」とのメール。ならば行くか。

ただ、ソフトバレーとはいえ、バレーの試合をするのは高校3年以来、28年ぶり。
中学、高校とバレーボール歴6年。果たしてどの程度、体が感覚を覚えているのか。
少年野球をやってるとはいえ、瞬発力が求められるスポーツはしてない。
女房からの忠告もあり、家でじっくりストレッチをして、最悪のケガだけは免れようと。

まあ、助っ人だし、遊びだし・・・。
元バレー部の割には・・・と期待はずれに終わるのは覚悟して港の総合体育館まで向かった。
b0041442_17504537.jpg

ところが、体育館に入ってびびった。いや、ひるんだ。いや、正直、帰りたくなった。
か、かなり本格的じゃないか。レクリエーションじゃなく、完全にスポーツしてる。
そもそもこの何百人いるなかで、今日初めてソフトバレーのボールを触る人なんて自分だけだと思う。
「いかん。いかん。」「無理。無理。」
いてくれればいいと仲間には言われても、このなかに、ソフトバレー初心者が入ってはまずい。

とはいえ、もう逃げ出すわけにはいかない。
僕が帰れば棄権になり、相手チームにも迷惑をかけてしまう。

試合を待っている間、軽~く、仲間とトス・レシーブ練習。
彼とは、中学、高校と一緒にバレーをやった仲間。
何十年ぶりかに、二人で練習した。中学、高校時代の懐かしさが蘇る。

感覚はどうやらそれほど鈍ってない。
レシーブの感じ、トスの感じ、それほど悪くない。

いざ、試合へ。
結果はあっさりと2セット連取して負けた。
けど、僕的には、かなりいけた。
あと一歩の足が出ない、スパイク時のジャンプのタイミングがずれるってのはあったけど、もっともっと迷惑をかけ、元バレー部としての生き恥をさらすことも想定してただけに、結果的にはかなり満足できた。
メンバーからも、何十年ぶりとはとても思えなかったと言われた。

自分自身も「これ、練習次第ではさらにいけるかも知れない」とさえ思っていた。

そして、何より、楽しかった。
まさか、楽しいという感覚になるとは思わなかった。
本当に楽しかった。
高校の同級生の男女4人が、28年経って集い一緒に汗だくになってスポーツをする。
男女混合チームでクラスマッチを戦ってるような感覚。
今日は僕の事情で試合後解散したけど、ファミレスでも寄って帰ればさらに楽しいだろう。

行ってよかった。
そして、この年になって初めて、「俺ってバレー好きだったんだ。」と思った。
また、機会があれば行こうと思う。
楽しみがひとつ増えた。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-01-18 18:02 | 日記  

旅人

木、金と東紀州へ。そして、今日は兵庫へ日帰りの旅。
旅のことは、また、来週か再来週にでも。
東紀州の旅はよかった。
もっともっと旅人としてあちこちに行きたい。もっともっと。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-01-17 22:31 | 旅日記