<   2009年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

匠のまち

いろんなことが、ようやくつながり始めているような気がする。
今年の夏、ある人たちと、まち歩き観光の仕掛けの夢を語る。
その人たちと関係の深い町で、今、まち歩きの魅力をいかに高めるかを考えている。
その二つは完全に結びつく。うまく転がると思う。
b0041442_2227271.jpg

先週、その町を改めてじっくり歩いた。
睡眠不足で、半日の町歩きは辛かったけど、目を覚まされるほどいろんなモノ・コトを発見した。
これまで見えなかったこの町の魅力がわんさか現れる。
同行した人たちに、何度、「おっ、いいじゃないですか」、「これ、いけますよ。」と言っただろう。
飛び込みで話を聞いた店の人たちは、僕の考えに対しみんな好意的だった。
行程の半分ほど歩いた時点で、僕は手応えを感じていた。
「イメージ湧いてきました。絶対いけます。」
b0041442_2201017.jpg

住宅街に突然現れる和太鼓屋さん。
八代目というきさくなご主人は、何でも協力すると言ってくれた。
b0041442_22113952.jpg

国内では数限られた存在となった和ろうそく職人。
僕とほぼ同じ歳のご主人とは、以前、お会いしてこの町の観光について語り合ったことがある。
その考えは明快で前向きで面白く、この人と何か仕掛けたいなと思ってた。
この日は町歩きの途中で突然の訪問。
「以前、お会いさせていただきましたけど、覚えていただいてますか。」
「はい、はい。3年くらい前ですよね。あの時は生意気言ってすいませんでした。」と笑う。
3年前ってのはズバリ合っている。そんなことをすぐに思い出してくれ、嬉しかった。
「最近、この人が来たのが自慢でねえ。」
店内には、取材で訪れたいろんな芸能人やアナウンサーなどのサイン色紙と並んで、山口智子さんと一緒に写った写真とサイン色紙、そして、彼女の名刺まで飾ってあった。
仕事や取材ではなく、プライベートでやってきたという。
「名刺なんて出さなくてもわかるっちゅうに。」と笑ってた。

この和ろうそく屋さんと太鼓屋さんは歩いてすぐのところにある。
この2つだけでも、十分に面白い町だと思う。
1年後、僕が考えるこの町での新しい仕掛けが花開いてるだろうか。
どうぞ、お楽しみに。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-10-31 22:20 | 旅日記  

ドラゴンズの星

今年の夏の甲子園。僕はバックネット裏で彼を見た。
その時に書いたけど、彼のスライダーは一級品。僕などの素人の目から見ても、間違いなくプロへ行くだろうと思ってた。
その彼が、ドラゴンズ栄光のドラフト1位指名を受けた。
僕のカメラには彼の投球フォームの連続写真が50枚くらい入ってる。
ドラゴンズのエースになったときに、この写真は貴重なものになるかも知れない。
智弁の岡田俊哉、ドラゴンズの星へ。
b0041442_23554281.jpg

b0041442_23561214.jpg

b0041442_23562839.jpg
b0041442_23564244.jpg
b0041442_23565935.jpg
b0041442_23572098.jpg
b0041442_23573730.jpg
b0041442_23583176.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-10-29 23:58 | 野球  

秋燃ゆる小京都

b0041442_1424497.jpg

日帰り、いや、2時間帰りで飛騨の小京都まで。
往復5時間、滞在時間2時間半。
打ち合わせ場所まで遠回りでちょっと散策 → 打ち合わせ → 電車の時間まで寸暇を惜しんで駅前の喫茶店で原稿書き。
まだ地元では見られない燃ゆる秋が感じられただけでもいいか。
b0041442_1464359.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-10-28 01:47 | 旅日記  

プレイベント

b0041442_42019.jpg

来年、名古屋の街全体で国内最大級と言われる芸術イベント「あいちトリエンナーレ2010」が繰り広げられる。
会社のそばで、今、そのプレイベントが開催されている。
b0041442_4215135.jpg

廃れていく繊維街の活性化の狙いもあって、空き店舗を活用して様々な取り組みがされている。
市民の手で山車を作ろうと、誰でも自由参加できる場が設けられたり、新進気鋭のアーチストたちのアートが展示されていたりと、それひとつひとつを見れば、魂も入ってて面白いと思う。
b0041442_4241079.jpg

けど、本ちゃんの来年開かれるイベントもこの程度の小ぶりなものと思われてしまわなければいいけど。
プレイベントを見る限りでは、例えば、横浜トリエンナーレのような迫力は感じない。
まだ、1年ある。果たして、どれだけ、街じゅうがアートという機運を盛り上げられるのか。
b0041442_427317.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-10-27 04:28 | 旅日記  

続・切り替えは早いようで

b0041442_81137.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-10-26 08:01  

切り替えは早いようで

b0041442_7471780.jpg

あっという間に撤去されてた看板が装いも新たに再登場。
「目指せ」が、「来年こそ」に塗り替えられてるだけだけど・・・。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-10-26 07:47  

立浪 FOREVER

立浪が最後の打席を終えた。
それは、ドラゴンズが負けたことなんか比較にならないくらい、とてつもなく寂しい。
今日、敗色が濃厚になったときから、その思いは深くなっていった。
ああ、今日が立浪の最後か・・・。
b0041442_393072.jpg

僕の部屋には、現役メジャーリーガーたちと並んで立浪のユニフォームが飾られている。
立浪が現役最後にヒットを放った試合で、記念として買ったユニフォーム。
このユニフォームは、永遠に僕の部屋に飾られるだろう。
僕は幸運にも、公式戦最後のヒット、CSでの現役最後のヒット、ナゴヤドームでの最後のヒットを見ることができた。しかもいずれも立浪らしい2塁打で。
僕は、じいちゃんになってもずっとずっと自慢し続けると思う。
“ミスター・ドラゴンズ”立浪の最後の2本の2塁打を見たってことを。
ありがとう、立浪。ドラゴンズファンにとって、立浪は永遠です。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-10-25 03:27 | 野球  

ちょっと。 ちょっと、ちょっと。

b0041442_23402646.jpg

東京ドームは怖い。そして、巨人は強い。
それは、認めざるを得ない現実。
けど、3日前まで出てた『目指せ!日本一!』看板 ↑ 。
今日、電車のなかで逆転負けを知り、傷心のまま改札を出ると・・・・・、
あれ?日本一看板が、もうすでに、な、ないじゃないか。↓
思わず、「ちょっと。ちょっと、ちょっと」((c)ザ・たっち)と突っ込んでしまった。
b0041442_23425935.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-10-23 23:44 | 野球  

運河と蔵の町 

b0041442_23375926.jpg

運河と蔵の町・半田。僕はこの町のこの雰囲気が好きだ。
ミツカン酢の匂いがほんのり香る運河沿いを歩いてるだけで、どこかほっとさせられる。
b0041442_23383831.jpg

何十年も、この佇まいのまま、この町は時を過ごしている。
運河と蔵の風景が、歴史が止まってるかのような雰囲気を醸し出す。
b0041442_23413238.jpg

こんなバス停があるのは知らなかった。
先日、鳥羽に行ったときも、バス停の名前が気になった。
バス停の名前って地域の愛情がこもってるような気がする。これから町歩きの楽しみがひとつ増えた。
b0041442_2344734.jpg

JR半田駅には、明治43年に完成したJRでは日本最古の現存する跨線橋がある。
b0041442_2345336.jpg

ホームの屋根もノスタルジックな雰囲気に包まれている。
タイムスリップしたかのようなこの町、やっぱり好きだ。
                                (2009.10.22 愛知県半田市にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-10-22 23:46 | 旅日記  

雰囲気

おとといのブログでこう書いた。
「雰囲気が出てきた。」って。
初回の5点を見たときは正直驚いたけど、それが僕が感じた“雰囲気”ってやつ。
このまま行くかも知れない。
one more dream,one more 立浪。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2009-10-22 01:38 | 日記