<   2010年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

大正モダン

b0041442_065153.jpg

先々週になるけど、伊勢本街道の奥津宿を訪れた。
街道筋は、地元の女性たちが中心になって“のれん街道”を仕掛けている。
古い商家も普通の民家も、みんなが協力してそれぞれののれんを飾り、歩く人を楽しませている。
b0041442_09933.jpg

この商家は、かつての呉服屋さん。
無理を言って中に入れていただくと、中はまさに“まちかど博物館”。
改装もされず、当時の建物のまま残されている。
b0041442_0112881.jpg

もちろん、呉服がそのまま置いてあるわけではないけど、当時の雰囲気は醸し出している。
そして、驚いたのが、この和服の女性の置き物(という表現でいいだろうか。)
b0041442_014519.jpg

実はこれ、大正時代に実際に使われていた当時の“マネキン”。
正面から見てたら、絵か、何か芸術作品と思ってた。
横から見れば、その仕組みが分かる。
b0041442_0153474.jpg

反物が上からかけられ、額の空いた部分にその反物がはまり、絵の女性がそれを着てるように見える。
これを見るだけで、相当の価値がある。
家の奥から出てきてくれた、店をかつて営んでいたおばあちゃんも生き証人として価値がある。
おばあちゃんは、それがそんなに価値があるとは思ってない風だった。
もし、奥津宿へ行くことがあれば、是非、このお店を覗いてみてください。
おばあちゃんは、いつでも見に来てもいいよと言ってたし。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-01-31 00:20 | 旅日記  

風景

b0041442_2255282.jpg

好きな風景がある。
これまでにこの橋からの風景を2、3度紹介してると思う。
春夏秋冬の顔があり、朝、昼、夕、夜の顔がある。
川と空のコントラストと時間のシチュエーションの組み合わせが好きなんだと思う。
いつも違う顔を見せてくれるから。
                   (2010.1.29 岡崎市にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-01-29 22:54 | 日記  

アイデア

アイデアは湧いたときが一番エネルギーを持っていると思う。
だから、その時になるべく書き留めるようにしている。
目先の仕事は山積みだけど、ふと、あるアイデアが頭をよぎった。
ワードの新規ページを立ち上げ、10行ほどの企画メモを一気に書いた。

ずっと考えていたことがある。
ずっとやりたいと思っていたことがある。

そのアイデアが浮かんだ。
その“言葉”をgoogleとyahooで調べた。
意外に誰も使ってない。
検索ゼロだった。

もし、その言葉が溢れていたらその時点であきらめたと思う。
けど、誰も使ってないことで、夢が膨らんだ。
うまくはまれば、現代用語の基礎知識に載ってもいいくらいに思う。(甘いか)

それで儲けようとはちっとも思ってない。
ただ、やりたいだけ。
やり残したいというか。

さて、いよいよやるか。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-01-28 01:00 | WORK  

HOPE FOR HAITI NOW ~This is our time to help !~

b0041442_10212828.jpg

昨日、全世界で生中継された「ハイチ支援ライブ」。
スプリングスティーンが「We shall over come」を、スティービー・ワンダーが「明日に架ける橋」を歌い、マドンナが50人以上のゴスペルコーラス隊を携えて「ライク・ア・プレイヤー」を歌った。
コールドプレイ、スティング、アリシア・キーズ、メアリー・J・ブライジ、ボノ、シェリル・クロウなどなど、2時間に渡り、それぞれの思いを歌われ、曲間にはハイチの現状が伝えられ、トム・ハンクスやディカプリオ、ジュリア・ロバーツなど超スターたちから支援が呼びかけられた。
9.11のとき、すぐに世界のアーチストたちが動いたことを思い出す。
(僕はMTVで見ることができたけど、見れなかった方はいろいろ、you tube で見れます。)
b0041442_10335578.jpg

死者11万人という悲しい現実は受け止めるしかない。
けど、そこには、残された数十万にも昇る生きる希望を持ったハイチの人たちがいる。
親を一瞬で失った子どもたちのことを考えると胸がつまった。
何かをせずにはいられない。

神戸のとき、日本中の人たちが、職場で学校で街角で、そして家庭で、何らかの行動を起こしたように、ハイチの子どもたちのために世界中の人たちが少しでも動いてくれれば。

僕は、昨日のこのミュージシャンたちの行動に喚起された。
ハイチのために何かしなければとは思っていたけど、まだ行動に起こしていなかった。

息子と娘、女房にこのことを話し、少しづつ協力してもらった。
決して大金ではないけど、ミルクの何本分かにでもなればと思う。

Hope for HAITI NOW! ハイチの子どもたちに希望を。
This is our time to help!
 →寄付はこちらから(25$より)→ hope for HAITI now
 →歌われた各曲は、itunesで購入(寄付)できます。→hope for HAITI Album
b0041442_10534226.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-01-24 10:54 | 日記  

親愛なるひとたちへ

昨日、お手伝いさせていただいているある町で懇親会。
この町のひとたちとの仕事は楽しい。
人がらというか、仲間意識というか、友人に会うような感覚でいつも行っている。
それぞれの町にも、もちろん、いい方たちもいるし、居心地のいい仕事をさせていただいている町もある。
けど、ここへ来ると何かほっとするような感じがある。

去年の夏から基本的に酒はやめてたけど、久々に何杯も飲んだ。
泊まりは遠慮させていただいたけど、2次会のクラブまで行き、豊橋に帰れる終電まで過ごした。
次回は、映画で有名なあの島でやりたいですね。と言ってお別れした。

親愛なる人たち。また、わいわいやりましょう。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-01-23 09:41 | 日記  

LIVE YEAR

b0041442_23263757.jpg今日、ロック・オン・ザ・ロック’10が発表。
今年は、ディランに始まり、Wilco、ROR、JAPAN JAM、フジ、サマソニと、ライブ・イヤーになる予感。
去年はRORもサマソニも直前まで迷ったけど、今年は全部行くよ。
皆さんとどっかで会いたいですね。
たまらん年になりそうな予感。
[今年のライブ参戦予定]
3/5      Jackson Browne
           & Sheryl Crow(名古屋)
3/18,19   Bob Dylan(名古屋)
4/23     Wilco(東京)
5/16,17   Japan Jam 2010(富士)
5/23,24   Rock on the Rock’10(吉良)
7/30~8/1  FUJI ROCK FES ’10(苗場)
8/7,8     サマーソニック(大阪)  
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-01-21 23:33 | 音楽  

20勝

僕らの世代にはあまりにも強烈な印象を残してくれた。
あの“事件”のとき、僕は高校生。
純粋にあの事件に怒り、あのトレードで大人の世界を垣間見た。
こういうことってあるんだと。
翌年、もちろん、僕は小林を応援した。
巨人戦になると、鬼気迫らんばかりの投球に、僕は“魂”を見た。
あの年の20勝。巨人戦に一度も負けなかったあの“凄み”は強烈に記憶に残っている。
b0041442_2374696.jpg

その2人が28年を経て初めて会話をした。
僕も大人になった。もちろん、あの二人ももっと大人になっている。
その姿は、僕には感慨深く、うるぐすで放映されたCMの未公開シーンも含む、全シーンの会話ひとつひとつが印象に残っている。江川も小林もずっと28年気にかかってたものがこれで消えた。
この写真は、そのときブログで書こうと撮っていたもの。
結局、書かずじまいでボツになってた・・・。

小林さん、僕は、あなたのあの年の20勝にどれだけ勇気をもらっただろう。
どうぞ、安らかに。永遠にあの投球姿は忘れません。 
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-01-19 23:12 | 野球  

東急ハンズ、次はぁ~

東急ハンズというと、空耳アワーの過去の名作を思い出す。
♪Put your hands together!♪
これをジャマイカ訛りで、黒人の方独特の丸っぽい言い方で言うと・・・、
♪東急ハンズ、次は~♪ となる。ちょっと発声してみてください。ほらね。
b0041442_1204493.jpg

昨年末、新聞記事を読んで思わず「えっ!」とも「おっ!」ともどちらともとれるような声を思わず出してしまったニュースがこれ。
なんとわが町に東急ハンズが期限付きだろうがやってくる。
これは、わが町商業史上に残るエポックメイキングだと、心がはずんだ。
あくまで期限付きだから過剰な期待はしちゃいけないと思いつつ、部屋で使う卓上カレンダーなどを物色しようと(1月も半ばですが・・・)、出かけた。ハンズならではのアイデア商品、面白商品が置いてあるんじゃないかと・・・。
b0041442_133529.jpg

(店の中の写真は撮ってはまずいので、残念ながらこの程度で想像してください。)

ところが、その名のとおり、ここはTRUCK MARKET。
30分は時間を使う予定で、次に出かける電車の時間を予定してたけど、滞在時間わずかに5分。
見るものは残念ながらなかった。店の規模もコンビニ2店舗程度の大きさ。
ハンズの人気商品ベスト10を売ってるとか、OUTLET商品半額大バーゲンとか、そんな特別な感じもない。売れ残りガレッジセールというか・・・。そもそも、そんなコンセプトなのかも知れない。
これはあくまで実験店舗として、各地で展開していく、巡回していくんだろうけど、果たして・・・。
ハンズに期待するブランドイメージとのギャップが大きすぎる。

結局、わが町に3ヶ月間だろうが、東急ハンズが来ていたという幻の記憶だけにとどまるんだろうな。

そして、3月以降、このスペースどうすんだろうという心配もある。
まだ、できたてほやほやの新駅ビルなのに。
このビルにとりあえず足を運んでもらうってのには、東急ハンズは役に立ったかも知れない。
少なくとも、僕は、隣にあった輸入食品屋さんに興味がわいた。
次回は、ここにワインと食材を買いに来ると思う。 
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-01-19 01:32 | 日記  

ギョギョウランドへようこそ

b0041442_0105854.jpg

蒲郡の漁協さん主催のイベント「ぎょぎょうランド」へぷらっと散歩に出かけた。
集まっている人たちは、ほとんどが地元住民らしき家族たちで、観光客らしき人はほとんどいない。
b0041442_0131833.jpg

網焼きで提供される魚と野菜。こんなシンプルな料理をみんなが喜ぶ。
b0041442_014398.jpg

ご当地バーガーには長蛇の列。
b0041442_0151456.jpg

普段はセリが行われる場所がイベントのメインステージ。
b0041442_016264.jpg

b0041442_017141.jpg

“愛のエプロン”と題する干物を使ったB級グルメコンテストでは、本当に仲のよさそうな
ご夫婦が優勝。
干物炊きご飯として、今後、売り出されるらしい。食べたい。

まあ、漁業関係者さんの家族感謝デー的な和気あいあいな雰囲気から脱してはいないけど、
これがはじめの一歩として、漁業・漁協さんと市民との交流、そして、観光客とのふれあいに
つながっていけばいいなと。
お世話になってる漁協の組合長とはお話できなかったけど、可能性ありと応援していきたい。
                                   (2010.1.17 三谷漁港にて)
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-01-18 00:20 | 旅日記  

2009 BEST ALBUM ~male編②

すいません。更新おくれまして。
泊まり出張に出てたもんで。楽しいショートトリップでした。

では、男性編の続きを。
ここまで来ると順位とかあんまり関係なくて、なんとなくよく聴いた順って感じですね。

11.WILCO
b0041442_1319359.jpg

WILCOさん、ごめんなさい。10位までに入れるの忘れてました。
今作は初期のリラックスした僕の好きだったWILCOが戻ってます。
祝来日!東京まで行きますよ。東京の皆さん、お台場で会いましょう。

12.ブラック・クロウズ
b0041442_13214625.jpg

オーソドックスな正統派ロックとしては、今年買った唯一のアルバムかも知れない。
70年代っぽさもありつつ、古くはない。これがロックですけど、何か?とでも言われそうで。

13.ザ・ビートモーターズ/気楽にやろうぜ
b0041442_13242130.jpg

ここでひょんなアルバムが。(ひょんな理由はまたいつか書きます)
今年は日本のロックを聴こうかなと思わせてくれた純朴ロック。歌詞もメロもよい。
明大出身バンド。後輩よ、頑張れ!

14.マーク・ノップラー/Get Lucky
b0041442_13284677.jpg

新譜が出る度に激渋度が深まってくような気がするけど、それがこの人の持ち味。
この人の聴いてると、なんか家に帰りたくなってしまう。郷愁性って言うのか・・・。

15.ジョー・ヘンリー
b0041442_13305561.jpg

僕が高校の頃からもう30年も買っている音楽雑誌では大絶賛。
2009年ベストアルバムに選ばれてたけど、それには異論はまったくない。
確かにいいアルバムだと思うけど、ちょっと暗い。何度も聴きたくなる感じでもないのでこの順位にて。

16.≪元気のよいのはこの2枚≫
b0041442_1333112.jpg

b0041442_13335625.jpg

The VIEWの2枚目、グリーン・デイの最新作も、いずれも好盤。
元気がいい。元気をくれる。元気が出る。
(グリーン・デイだけ、会社の仲間が持ってたので借りた1枚。後は全部買ってます。)

17.≪ライブではこの3枚≫
b0041442_1336516.jpg

なんとトム・ウェイツ初のライブアルバム。
昔のトムならまだしも、最近のおぞましいと言わんばかりのトムのライブって?・・・と思ってたんだけど、これが、まさに狂気のごとく、その迫力は凄い。パフォーマーとしてのトムを改めて評価した次第。
b0041442_13361920.jpg

R.E.Mのダブリンでのライブ。現役最強バンドとも言われるだけあって、さすがに一気に聞かせる。
最近、ダブリンのライブがよく出るけど、ダブリンっていい客が多いんだろうなあ。ノリがいい。
b0041442_13363830.jpg

ニール・ヤングの92年のアコースティック・ツアーのライブ。
このツアーのときに出たハーベスト・ムーンの曲をやってる。
あのアルバム好きな人にはたまらんと思います。ちなみに僕もそのひとり。

18.≪カントリー系ならこの3枚≫
b0041442_13434074.jpg

オルタナ・カントリーの代表格、サン・ボルト。今回もよかったけど、もうちょい垢抜けてくれるともっと好きになるんだけどな。
b0041442_1346415.jpg

ジョン・フォガティおじさんの新譜。ジャケットのとおり、どカントリー。
最後に、スプリングスティーンとデュエット(がなりあってるとも言う)してるけど、
このおじさん、まあ、相変わらず元気です。
b0041442_13475588.jpg

バディ・ミラー&ジュリー・ミラー。男女デュエットなんで、本当は女性編に入れるべきだけど、バディ色が強いので男性編に。この2人大好きなんだけど、今回はちょっといまいちだったかな。次回に期待。

19.≪超ベテラン・大御所の2枚≫
b0041442_13501131.jpg

レイ・デービスのセルフ・カバー集。キンクスの代表曲もカバーしてるけど、新鮮味がなかった。もっとギンギンにカバーしてくれればいいのに。
b0041442_1353055.jpg

あれ?去年出たんだっけと、すっかり忘れ去られようとしていたニール・ヤングの新譜。
1回聴いただけだったけど、改めて聴けば案外よかったりもして。ただ、これも新鮮味はなし。

20.問題作
b0041442_13541164.jpg

実は、これが一番扱いに困った。なんと、ディランが歌うクリスマス・アルバム。
こんなの認めたくはないけど、楽しげに歌ってるからいいのかと複雑な気持ち。
悪くはないけど、ただ、もう聴かないだろうな・・・。

ということで、明日からまた普通ブログ再開します。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2010-01-16 13:56 | 音楽