<   2011年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

 

ミュージックギフトカード

b0041442_2210422.jpgまだ、タンスの中に眠ってるあなた。
明後日を過ぎると紙切れになりますよ。
というわけで、僕はぎりぎり手続きの書類を送付。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-01-29 22:06  

うずらたまご

わが町で発生した鳥インフルも強毒性と判定されてしまった。
市内のあちこちにある養鶏農家さんのことを思うとつらい。
うちは、発生地から半径10km内にある。
お店にたまごが並ぶのはしばらく見れないかも知れない。

今日の夕飯のおでんにたまごが入ってた。
また、普通にたまごが食卓に並ぶことを願う。
b0041442_2212987.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-01-29 21:54  

化粧室

朝の東海道本線、車両内のトイレ待ち。
おなかに危険を感じ、トイレ前で僕が待ってから10分して女性が出てきた。
よかった、間に合ったと入ろうとすると、他の女性に先を越された。そこから出てこないこと10分以上。
ついに、限界に達したおなかゆるリーマンの僕は諦め、脂汗を流しながら途中駅で降りた。
正直、ほんの、ほんのちょっとだけ出ちゃったかも。

確かに化粧室です。
だから、文句は言わない。
けど、あなたがお化粧をしてる間に扉の外では、おなかゆるリーマンが、脂汗をかいて待っていることを知ってくださいね。

化粧してるというのは、あくまで推測ですが。。。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-01-28 20:19  

Mt. Fuji Oh! Beautiful!

美しきマウントフジ通過。さて、寝るか。
b0041442_87403.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-01-27 08:04  

盟友

盟友が天に舞っていった。
あまりにも突然に。

激励の手紙出そうと思ってたんだ。
ゆっくり、治せよ。
慌てんなよって。

そんなばかな。
死んじゃあいかんだろ、おい。

最近は、あんまり話すことはなかったけど、
盟友だとずっと思ってた。
あんたも、そう思ってたよな、多分。

心の友よ。
寂しくなるよ。
安らかに。
ゆっくり、ゆっくりと休んでな。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-01-26 01:15  

「パワーすぽっと三重」ガイドをよろしくと

観光は“人”である。
行き着くところ、結局、“観光”は人なんだ。
観光とは、地域の光を観ること。観す(しめす)こと。

地域の光をいかに見せるか。
そこにはいろんな仕掛けもあれば、おもてなしもある。
こんなに光輝いてるんだよと教えてあげることも大切である。
その最後の「教えてあげる」の上手い下手というのは重要なこと。
それは、デザイナーさんや印刷所だけでできることではない。
地域への思いを持った人が、どう伝えたいのかを形にしなければならない。

先週、三重県が発行した「パワーすぽっと三重」が大好評との噂。
  ⇒地元で紹介された新聞記事

そう、送ってもらった僕自身も絶賛した。
まずは、コンセプトが明確。
どんな人に読んで欲しくて、どんなことをして欲しくて、どこに来て欲しいのかがはっきりしている。
そして、内容も充実している。
旅行雑誌の特別付録・保存版って感じのボリュームと中身。
よく保存版と書きながらたいしたこともないのがあるけど、これは違う。
まさに使えるガイドである。

僕は、ほぼ完成した頃に、ほんのちょっとだけアドバイスさせてもらったけど、作り手の思いと熱意がこの形を作ったのは言うまでもない。

パンフづくりも人である。
観光のよさを伝えるのは人である。
そう改めて思わされた。

まなてぃ、グッジョブです。
b0041442_2381786.jpg


入手希望、内容を知りたい方は、こちらをご参考。 ⇒ 三重県ホームページ
けど、今、大人気につき発送が遅れるかも知れないとのことなので、
早く欲しい人は、直接僕までメールか電話ください。
何部か配布用にいただいてますので、僕からお渡しします。
いつもかばんに入れてますよ。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-01-24 23:14 | 日記  

奇跡のツーショット with寛平ちゃん

寛平ちゃんの地球1周のゴール寸前で「ありがとう」と声をかけられた。
そして、その人類初の偉業を達する寸前で寛平ちゃんの手に触れられた。

それだけでよかった。

家に帰って、録ってあったビデオを見た。
一番前にいたから、ひょっとしたら映ってるかもと思いながら。
もし、映っていれば、僕の記念にもなるし、大切な宝物になる。
どんな風でもいいから、寛平ちゃんと一緒に映ってる映像があれば・・・。

そして、ビデオを見て驚いた。

2つの奇跡が起っていた。

1つ目の奇跡。

僕の前を通り過ぎる瞬間、恐らく取材のカメラマンのフラッシュが焚かれ、僕の顔が鮮明に浮かんでいた。
しかも、本当に僕が寛平ちゃんと手にタッチしているほんの0.0何秒の瞬間に。

フラッシュが焚かれることはあるだろう。
そして、タッチしている瞬間が映っていることもあるだろう。
けど、その2つの瞬間が重なるって、僕は奇跡的なことだと思う。
そんなの狙ってたってうまくいかない。
b0041442_14112497.jpg

そして、2つ目の奇跡。

僕とハイタッチしたその0.0何秒後、僕が映っているその瞬間に、なんと中継が乱れ、2秒間、静止画像として僕と寛平ちゃん、そしてワイプ内の宮迫さんのスリーショットが全国に流れていたのだった。
b0041442_14205385.jpg

そして、この画面になる寸前、「寛平ちゃん、ありがとうっ!」という僕の声もはっきりとマイクは拾ってくれていた。

「これって、凄い奇跡だよな。」と興奮する僕。
そして、ただただ、お父さん喜んじゃってしょうがないなと、笑うしかない家族。

テレビを見ていたあなた。
気がつきましたか?
気がつかないですよね。

こんな幻のような奇跡の映像が僕の永久保存版ディスクに加えられたのだった。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-01-23 14:20 | 日記  

出張明け、土曜の朝。少年たちと走る。

眠いとか寒いとか言ってられないんだ。
子どもたちが待っている。

Run baby Run!
なっ、寛平ちゃん。

b0041442_9403326.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-01-22 09:39  

寛平ちゃん、ありがとう

b0041442_21565031.jpg

寛平ちゃんが、地球一周して帰ってきた。
ずっと、ずっと応援してましたよ。
おかえりなさい。
766日の長い旅、おつかれさま。
そして、とてつもない勇気をありがとうございました。


b0041442_2156543.jpg

先導車が遠くに見えたと思ったら、寛平ちゃんはあっという間に目の前までやってきた。
駆けつけた沿道のみんなと、タッチしながら走ってる。

僕とタッチする瞬間、「寛平ちゃん、ありがとうっ!」と声をかけた。
足とヨットで地球一周してきた人類初の勇者のゴール寸前にお礼が言えた。
このタッチは、一生忘れないだろう。
なんかとてつもないパワーをもらえた気がした。

タッチするまで、そして、声をかけるまで凄く冷静だったのに、寛平ちゃんが通り過ぎて、ゴールの会場に向かってる姿を追ってるとき、なんかわかんないけど、涙があふれてたまんなかった。
なんで、こんなにも泣けるんだろうってぐらい涙がとまんなかった。
応援歌作ったのに、走ってる途中で死んじゃった清志郎さんのこととか頭に浮かんできたってのもある。

とにかく、766日間、ありがとう。
本当にありがとう。
[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-01-21 21:33  

寛平ちゃん待ち2

あと40分。
ふさいだりしませんし、追っかけたりもしませんよ。
ただただ待つだけです。
テレビに泣いてる僕の姿が映るかも。
会場手前200m、最前列にいます。

b0041442_18544778.jpg

[PR]

by huehuki-pi-hyoro | 2011-01-21 18:50