「島っ子ガイド」とのふれあい・感幸の旅

久しぶりに中日新聞さんの旅ブログ書きました。

この写真、何度見ても泣いてしまう。
僕らとの別れを惜しんで走って追っかけてくる子どもたち。
鳥羽の離島、菅島の「島っ子ガイド」とのふれあい・感幸の旅。
会社で原稿書きながら泣いてたの初めてだと思う。
「泣けるブログ」です。
お時間のある方、こちらからどうぞ↓
昇龍道春夏秋冬さすらい旅
b0041442_1225693.jpg

b0041442_1231018.jpg

[PR]

# by huehuki-pi-hyoro | 2014-12-13 12:03  

館長廣野秀明 特撮博物館@名古屋市科学館

この企画のテレビCMを見て、まず度胆を抜かれた。
そして、実際に見て、本当に度胆を抜かれた。
「館長廣野秀明 特撮博物館」
 ~ミニチュアで見る昭和平成の技
東京では既に2年前に開催されたらしいけど、よくぞ名古屋市科学館がこれを呼んでくれたと思う。
僕はエヴァンゲリオンのことは全く知らないけど、ウルトラQ~ウルトラマン~ウルトラセブン、そしてゴジラ~ガメラ世代。
そんなアラフィフなあなたには必見です。
b0041442_21473054.jpg

毎週、どんな怪獣が出てきてどう戦うのかときめいてたあの頃。
そして、夏休みと冬休みになると現れるゴジラとガメラを見に映画館へ行ってたあの頃。
あのときめきは、この特撮なしではあり得なかったことが今更ながらわかる。
こんなにも徹底的に追及してわれわれに夢を与えてくれてたのか。
ミニチュアの展示かと思ってるあなた(実は僕もそうだった)。
もちろん、展示してある模型や実際に使われたセットなどは鳥肌もの(僕ら世代には国宝もの)。
ウルトラマンのジェットビートル、ウルトラセブンのウルトラホークなんか、もうほっぺにすべすべしたいくらいだった。
b0041442_21461768.jpg

けど、このイベントの肝は、新たに作られた特撮映画。
CG全盛の今となっては“絶滅危惧種”とさえ言われてしまうほど存在感が消えかかっていた「特撮技術」を使った短編ムービー。それに賭けるわれわれ世代の男たちの夢と冒険とこだわりとロマン、そして茶目っ気たっぷりな遊び心と満足げな笑顔に僕は涙した。
b0041442_214813.jpg

b0041442_21483035.jpg

b0041442_21485281.jpg

この映画とそのメイキング見るだけでも1,400円の価値はある。
(僕は本編~メイキング~本編と、本編を2度見した。)
名古屋の方はもちろん、東京で見逃した方、大阪でまだ見ぬ方、名古屋では1月12日までやってます。ぜひ、名古屋市科学館へ。
(名古屋駅から地下鉄1駅、伏見駅から徒歩5分くらい)
b0041442_21465134.jpg

[PR]

# by huehuki-pi-hyoro | 2014-11-25 21:48 | 日記  

穂の国の転校生

昨夜は、女子高生たちによる演劇「転校生」へ。

オーディションで集まった地元の女子高生21人が教室での1日を演じる。

期待以上に面白かった。

個々のセリフや演技が際立つシーンは少なく、ワイワイ、ぺちゃくちゃのあの教室の雰囲気が再現される。

もちろんテーマはあって、しっかりとそれは繋がれてるし、まるで飽きることなく70分が過ぎた。あのまま5時間ぐらいやってても飽きなかったと思う。

芝居を見た経験値は決して多くはないけど、もう1度見たいと思ったのは初めてだと思う。

パンフレットには、出演者たちそれぞれの20年後の夢が書いてある。

高校生×夢×希望×可能性×21=「      」

一体、どれだけ大きな答えが残されてるんだろう。

あの子たちは、今日の2ステージで解散してしまう。

可能ならばまた再演が見たい。

b0041442_06521401.jpg

豊橋のみなさん、今日13時と17時の2公演、当日券ありだそうです。お時間あればプラットへ。この2千円は損はしないと思う。


[PR]

# by huehuki-pi-hyoro | 2014-11-03 06:52  

富士山に触れる〜宝永火口トレッキング

中日新聞の旅サイトブログ「昇龍道春夏秋冬さすらい旅」で、富士山トレッキングのこと書きました。
こちらからどうぞ。 → 旅ブログ
b0041442_17183572.jpg
b0041442_17185538.jpg
b0041442_17193072.jpg
b0041442_1720140.jpg

[PR]

# by huehuki-pi-hyoro | 2013-11-30 17:19 | 旅日記  

UBiO ~最強の音楽好きサポートアプリ~

No Music No Lifeなあなた。
そして、iPhoneで音楽を聴いてるあなた。
b0041442_12591860.png

何も疑わずに、このイコライザーアプリ「UBiO」の購入を。

わかりやすくいえば、「移動音楽スタジオ・携帯版」。
目の前で演奏してるかのような音のクリアさ、生々しさ。
今まで聴いてたものが違うものに聞こえるほどの新鮮な感覚。
聞こえてなかった音があちこちで聞こえてくる。
b0041442_1313610.png

この感動というか、どうにもこうにも、ときめいてしょうがない。
オールシャッフルで聴いてると次は何が出てきてどんな風に聴こえてくるかというワクワク感。

基本はいわゆるドンシャリ系。
けど、イコライザーで調整できるからドンシャリ度はお好みに自由自在。
b0041442_12595191.png

さらに自分が使ってるイヤホンまで選択できるおもてなし付き。
音楽好きな人は、iphone付属のイヤホンなんて使ってないと思いますが、
このUBiOを堪能するなら、ちょい高めのイヤホンかヘッドフォンは必須です。

もちろん、イヤホンなしで、そのままiphoneのスピーカーから流しててもその音の良さは実感できます。
使い方は、基本搭載のiphoneのmusicとほぼ同じだし、もちろん、itunesと連動している。

これでたったの450円。
自分で買ったアプリでは最も高価なものだと思うけど、4,500円でも高くないと思った。
45,000円だと迷うけど。

詳しくは公式サイトを → UBiO  試聴もできます。
[PR]

# by huehuki-pi-hyoro | 2013-10-12 13:01