人気ブログランキング |

Thanks ~最後の授業~

昨日、6週続いた大学の講義が終わった。
「ひとつでも、ほんの少しでも、みんなの役に立つような話が出来てればと思ってます。
 6週間、本当にありがとうございました。」
もちろん、拍手など強要してないし、そんなことは期待してなかったけど、最後は、全員じゃないけど、何十人からの拍手をもらった。
嬉しかった。そして、これで終わりかと思うと寂しくもあった。
最後が一番、学生たちの反応も食いつきもよく、そして最後は笑いまで起こっていた。
そして、壇上から学生に話しかけていたし、学生からも笑顔が見えた。
最初の授業の時は、ザワザワ、ザワザワ、まるで話を聞こうとする気配すらなかったのに・・・。
6週間でせっかくつかんだ学生たちの心だったのに、もうお別れしなければならない。

実は、最後の授業は、“就活”講座をした。
5回やって、ほぼ国際観光の基本的なことは話しつくした感があって、先週、担当教授に相談していた。
「学生たちもなかなか、民間企業のナマの声を聞くことないですよねえ。もし、よろしければ、僕なりの就活体験記でもお話しましょうか。」
すると、「是非、お願いします。」と、予想外の強く、素早い反応。
最後まで一応授業をやってくださいと言われるだろうと思ってただけに、その反応は意外だった。
b0041442_2339151.jpg

僕の話の趣旨は、企業に採用されるテクニックではなく、要はもっと大学生活を楽しみましょうって話をした。
最も自由に時間を操れる大学生活も楽しめない学生はいらないよって話をした。
もちろん、僕自身の実体験も、ここまで話さなくてもいいんじゃないかっていうくらい正直なことを話した。
それが多分、面白かったんだと思う。
そもそも、僕は、レコード会社や、出版社や、テーマパークやテレビ局など学生のイメージの湧きやすい就職活動をしていた。
だから、この会社はこう受けて、こう落ちたっていう話は、現実を知るという意味で面白かったんだと思う。
b0041442_23395365.jpg

最後は、こんな楽しい仕事もあったんだということで、映画づくりと俳優としての出演の話をした。
時間も迫ってたので、映像は流すのやめようと思ったんだけど、
「見たい?」って聞いたら、前の方にいた何人かの女子学生が笑顔で「うんうん」って言うもんだから、「もう時間なので、帰りたい子は帰っていいですよ。」と断りを入れて映像を流した。
一人だけ教室を出て行ったけど、あとはみんなが残っていた。
突然、ジュビロ磐田のサポーターの格好で現れる僕を見たところで、ほぼ全員から笑いが生まれた。
「笑うとこじゃないよ。」(笑)と言いながらも、ようやく掴んだなという実感が湧く。

授業を終えて、教室を出ようとしたところで、すれ違った女子学生に笑顔で「ありがとうございました。」と言われた。それが何よりも嬉しかった。この子にとって、少しは楽しい授業だったかなと。

担当教授も興奮気味だった。
「あの学生たちが、身を乗り出して話を聞いてる姿なんて初めて見ましたよ。学生たちも少しはその気になってくれたんじゃないかなあ。本当にありがとうございました。」

また、来年声がかかるか分からないけど、6週間くらいならまたやってもいいかな。
初の非常勤講師体験は、いい思い出と心地よい満足感、そして、学生たちともう少し触れ合いたかったなという心残り。
楽しかった。学生たち、みんなありがとう。また、どっかで会えたら。
b0041442_23402050.jpg

by huehuki-pi-hyoro | 2009-06-23 23:40 | 日記  

<< インフル疑惑 マレーシアひとり旅⑦  クアラ... >>