「せとなつ」そして「男女7人夏物語」

b0041442_9274644.jpgb0041442_928940.jpg




















「せとなつ」の風景。
川遊び、そして、せせらぎ。マイナスイオンを思う存分吸い込んできた。
b0041442_9371728.jpgb0041442_953488.jpg




















瀬戸名物、瀬戸やきそば。ここにいた30分の間に、この店で食べる人、持ち帰りに買いに来る人、電話注文してくる人と、恐らく50食は出て行った。延々と焼き続けるおやじさん。昭和の風景を感じる。
デザートは、「せとなつ」限定のマンゴーミルクかき氷。かき氷など何年ぶりに食べただろう。美味。
b0041442_9381465.jpg

著名作家による陶芸の実演。作家の額から汗がひたたり落ちる。これも瀬戸の夏の風景。

                           *

家に帰り、晩御飯を食べたあと、ソファーでうとうとしてたら女友だちから電話。
「U、C、Mと駅前で飲んでるけど来ない?」と誘われた。
4人は高校の同級生。本人とUは何度も会ってるけど、CとM嬢は、高校以来会ってないかも知れない。
寝かかってたし気持ちはOFFにしてたから、一旦保留したけど、このメンバー4人で飲める機会なんてないだろうと、スイッチをONに切り替える。
その後、僕以外にも男2人が加わり、男女7人であれやこれや3時間、あっという間に深夜になっていた。
b0041442_107763.jpg

高校の仲間ってなんでこんなにもいいんだろう。居心地がいい。楽しい。また、いつか。

by huehuki-pi-hyoro | 2009-08-30 09:28 | 日記  

<< 時代は変る 抱きしめあってるかい >>